Fusion AoIP Mixing Console
DISCRIPTION|製品概要

aes67_Livewire_logo_w
 
Fusionのシステムはコントロールサーフェイスユニット(フレーム)+電源ユニット+ミキシングエンジンから構成されるIPオーディオネットワークコンソールです。

各ユニットでAxiaネットワークLivewire+ (AES67互換)を構成することで、各種オーディオリソース、制御を共有化でき、ネットワークに接続されたあらゆる入力ソースをフェーダーに立ち上げることができます。

1台のメインフレームのみで最小4フェーダーから最大24フェーダーまで対応、
フレームはメインフレームと拡張フレームがあり、分割使用で最大40フェーダーまで使用可能です。
 
フレームに内蔵するモジュールは使用するスタジオのニーズに合わせてカスタマイズすることが出来ます。インカムモジュールやTelcoコントロールモジュール等種類も多彩です。
 
Windowsで動作する専用ソフトサーフェイスによりリモートコントロールが可能です。
 
Fusion コントロールサーフェイスユニットの特徴
ミキサー制御パネル
Power StationとCANBusケーブル1本で接続しスタンドアロンのコンソールとして動作
Power Stationにあるギガビットイーサを通じAXIAネットワークの一部としても動作
メインバスは4ステレオPGMバス+4ステレオAUXバス+2AUXリターン
各フェーダーは自動ミックスマイナス機能あり
99パターンの設定をスナップショットに保存、再現
デスクトップ据え置き、デスクトップドロップインマウント対応

SPEC|仕様
  • モジュール例
  • Livewire
  • 電源冗長化
  • 操作例
  • Fusion-4-Fader-Module
    Fusion 4-Fader Module
    P/N 2001-00329
    4フェーダーモジュール
     
    Fusion Motorized 4-Fader Module
    P/N 2001-00330
    4フェーダーモジュール。ムービングフェーダータイプ 
    この4フェーダーモジュールはLiveWire接続のいずれのソースにもアサイン可能です。
    べたの捨てジオ、マスタールームからのソースもフェーダーに立ち上げ出来ます。
    Fusion-Console-Controller-M
    Fusion Call Controller + 2-Fader Phone Module
    P/N 2001-00331
    TELハイブリッドコントローラー・フェーダーモジュール
     
    Fusion Motorized Call Controller + 2-Fader Phone Module
    P/N 2001-00332
    ムービングフェーダータイプ
    Telos電話システムをコンソールから制御できます。
    Fusion-Switch-Modules
    Fusion 10-Button Film-Cap Switch Module
    P/N 2001-00335
    10ボタンフィルムキャップモジュール
     
    Fusion 10-Button Film-Cap Switch Module
    P/N 2001-00337
    10ボタンスマートスイッチモジュール
    IP_IntercomModule
    Fusion 20 Station OLED Intercom Module
    P/N 2001-00339
    20ステーションOLEDインカムモジュール
    Fusonコンソールは洗練されたトークバックシステムが組込まれていますが、このインターカムモジュールは更にパワフルなコミュニケーション機能をAxiaのIPインターカムシステムの一部としてもたらします。
    Fusionのオペレーターは簡単に他のスタジオ、コントロールルーム、オペレーションセンター更にはAxia SoftCom Intercom ソフトを組込んだPCなどと簡単に通話できます。
    Fusion-Expert-Monitor-Modul
    Fusion Monitor/Navigation Module
    P/N 2001-00328
    モニターモジュール
    Fusion-2-FaderMonitor-Mo
    Fusion Call Controller + 2-Fader Phone Module
    P/N 2001-00331
    TELハイブリッドコントローラー・フェーダーモジュール
     
    Fusion Motorized Call Controller + 2-Fader Phone Module
    P/N 2001-00332
    ムービングフェーダータイプ
    Telos電話システムをコンソールから制御できます。
    Axia_SoftSurfaceVirtualConsoleSoft
    Axia SoftSurface Virtual Console Software
    P/N 3001-00049
    FusionまたはElementコンソールのソフトウェアサーフェイス。
    PCで動作するミキサーコンソールです。
    ミキシングサーフェイスと両方での使用も可能。
    Windows7、8対応

    Fusion Mic Control / Headphone Selector Panel
    マイクコントロールパネル
    P/N 2001-00433
    マイクOn/Off機能のリモートコントロール,ミュート、トークバックボタン、
    ヘッドホンモニターするソース選択可能なノブ
    Cat5 CANbusケーブルで容易にFusionに接続可能
    Elementsデザイン (写真 右)
    マイクコントロール/ヘッドホンセレクターパネル
    P/N 2001-20199

    Fusion Headphone Selector Panel
    ヘッドホンセレクターパネル
    P/N 2001-00434
    ヘッドホンモニタ―セレクト用パネル
    Cat5 CANbusケーブルで容易にFusionに接続可能
    Elementsデザイン (写真 右)
    P/N 2001-20200

    Fusion Mic Control Panel
    マイクコントロールパネル
    P/N 2001-00436
    マイク On/Off 機能のリモートコントロール用パネル
    ミュート、トークバックボタン
    1パネルにつきAxia GPIOポート x1使用。
    Elementデザイン (写真 右)
    P/N 2001-20201

    Fusion Producer’s Mic Control Panel
    プロデューサーマイクコントロールパネル
    P/N 2001-00435
    マイク On/Off 機能のリモートコントロール,ミュート機能。
    トークバックキー x2
    1パネルにつきAxia GPIOポートx1使用。
    Elementデザイン (写真 右)
    P/N 2001-20202

    Fusion 4-Button LCD SmartSwitch Panel
    4ボタンLCDスマートスイッチパネル
    P/N 2001-00432
    Axia Pathfinderを使用し、使用頻度の高い機器、ソフトウェア機能を制御。
    Cat5 CANbusケーブルで容易にFusionに接続可能
    Elementsデザイン (写真 右)
    P/N 2001-20198

  • 4フェーダーモジュールはFusionの最も基本的なユニットです。フェーダーは、ライン、マイク、ハイブリッド、電話、コーデック、PCなど様々な種類のソースを扱うことが出来ます。モーターフェーダー機能を付けると様々なオートメーションシステム、ムービングフェーダーアプリケーションと組み合わせることが出来ます。
    1.Channel Display
    ・フェーダーにアサインされたソース名を表示
    ・Confidence-Meter装備(入力信号レベル、ソース名・ミックスマイナス送りレベル等を表示)
    ・トークバック時の状態表示
    ・高精細有機発光ダイオード採用により、高い視認性を実現
    ・設定時など様々な情報を表示
     
    2.Soft/Options Knob
    ・ノブを押すとチャンネルオプションに入り音源ソース、EQ、マイクダイナミクス、パン、センドなどを設定
    ・ノブプッシュなしで、ノブを回すとフェーダーゲイン、マイクプリアンプゲインを調整
     
    3.Main Bus Assignment Keys
    ・4つのプログラムバスへのアサイン選択
     
    4.Channel Fader
    ・長寿命コンダクティブプラスチックフェーダー採用 フェーダー長:100mm
     
    5.A/B Keys.
    ルーティング情報やGPIO制御のトリガーボタンとして使用(Axia Pathfinder routing products必要)
     
    6.Preview Key
    プレビュー(Cue)バスへの信号送り
     
    7.Talkback Key
    ソースのN-1リターンにオペレータのマイクでトークバックをする。プレビューキーと組み合わせて出演者、ゲストとコミュニケーションを行える(ゲスト側音声をCRSPで出力)
    電話回線や他のスタジオともコミュニケーション可能。また、複数のトークバックキーを押して一度に複数の相手ともコミュニケーション可能。
     
    8.ON/OFF Keys
    チャンネルのON/OFF

    すべてのモニターとコンソールのチャンネルオプションへアクセス可能
    1.Multi-Function Knobs
    ノブを押す、または回した時に時計表示画面上に各種設定を表示。
     
    2.Channel Options section
    現在選択されているフェーダーチャンネルの音源ソース、EQ、ダイナミクス、パン、AUXセンド、Feed to Sourceにダイレクトアクセスが可能。
    →Source:フェーダーへの音源ソースアサイン
    →EQ & Dynamics:EQ、コンプ、エクスパンション設定
    →Pan & Mode:パンバランス、ステレオ・モノ切替、位相補正
    →Aux Sends:Auxセンドバスへの音源ソースアサイン
    →Feed To Source:Mix-minusフィードを使いオペレーターのマニュアルコントロールが可能
     
    3.User Keys.
    各フェーダーのユーザーキーと同じ 
     
    4.Preview Controls.
    プレビュー(CUE)スピーカーの音量調整とヘッドフォンへのON/OFF
     
    5.Studio Monitor Controls
    スタジオモニターの音量調整とスタジオへのトークバックキー
     
    6.Link Key
    OFF(消灯)時、コントロールルームスピーカとオペレーターヘッドフォンへの出力音源を個別に選べる。
    ON(点灯)時はスピーカとヘッドフォンへ同じ音源が送られる。
     
    7.Control Room Monitor controls
    コントロールルームスピーカへの出力音源選択(4プログラムバス、4 Auxセンド、2 Externalソースから選択)
     
    8.Control Room Headphone controls
    コントロールヘッドホン
     
    9.Global Options section
    コンソール全体の設定
    →Profile:保存されているすべてのShow ProfileがPC画面上に表示。
    →Monitor Options:モニターへのトークバックゲイン調整、ヘッドフォン設定、ステレオ・モノモニターモード設定
    →Meter Options:メーターの種類変更、最大4つのメーターをPC画面上に設定可能
    →Sends & Returns:4つのAuxセンドのマスターボリューム設定、2つのAuxリターンバスのプログラムバスへのアサインとボリューム設定 1回押しでセンド、2回押しでリターン設定
    →Additional Options:将来拡張機能用
     
    10.Timer controls
    カウントダウン/アップタイマーの設定
    →Start/Stop(開始、停止)、Freeze(一時停止)、Reset(リセット)
    →Options:カウントダウンタイマー間隔設定、カウントダウン/アップ切替、オートリセット等の設定
     
    11.Record Mode Key
    コンソールをレコーディングモードへ切り替え
    コントロールルームとスタジオモニター及びヘッドフォンの音源をあらかじめ設定したバス設定へ切り替える。
     
    12.Keypad and Nav Controls
    コントロールノブ(矢印キーに囲まれたノブ)、エンターおよびヘルプキーはFusion Option Screenにおいてマルチファンクションノブの代わりになるものです。キーパッドはTelos電話システムのダイアルまたは、コーデックをLivewireに繋ぐ用途等に使用します。