531N FM
DISCRIPTION|製品概要

Modulation Monitor
FMモジュレーションモニター
最新デジタル技術を採用したFM放送の監視用チューナです。
RF出力レベル監視、無音検知、音声モニター、IPを使用してリモートモニタリング、87.9MHz~108.1MHz デジタルシンセサイザ選局 プッシュボタンチューニングと6個のプリセットメモリーで他局との比較がワンタッチでできます。
日本国内周波数レンジ対応 エンファシスは50/75μSec内部で選択可能。

SPEC|仕様
  • 特長
  • リアパネル
  • 音声
  • 電源
  • サイズ/重量
  • シグナル強度、マルチパス、AMノイズ などを読み取り可能。
    上側バーメーター 通常変調度表示。
    ±75kHzを100%。ボタン選択でプラスまたはマイナス側のみの変調度も表示可能。
    モード選択で19kHzパイロットトーンレベル表示可能。メーターした表示のスケール。
    ドットでピーク値をホールド表示。
    下側バーメーター 通常L/Rプログラムのレベルを表示。
    モード変更するとL+R、L-Rレベルを表示。
    -30dB以上のレベルはピークレスポンス、-30dB以下は平均値。
    AMノイズレベル表示モード 2つのメーター(L/R)の上側がAMキャリアノイズを表示。ノイズが多い少ないの目安として使用します。
    このモードの時はヘッドホンでもノイズを検聴できます。
    この時、下側バーメーターはオフ。
    このモードは本来音声には影響されない、FMキャリアのAMモジュレーションをチェックします。
    仕様 アナログサブキャリアのレベルチェック。
    ピークホールド付きバーグラフで変調度チェック可能。
    外部からのリモート制御可能。
    旧製品
  • 531N Rear PP
    3種類のタリー出力 電波オフや過変調、無音を検知してアラーム出力。
    無音検知   (レベルは-30dB固定、時間10秒~最大2分)
    RF信号ロス (レベルはフロントパネル操作で設定)
    過変調    (レベルはフロントパネル操作で設定)
    出力 プログラム出力   XLR バランス +4dBm (100%変調時)
    MPX出力、     MPX入力あり。BNCコネクタ。
    AMノイズ出力   BNCコネクタ。
  • アンテナ入力 75Ω、Fコネクタ
    受信周波数 76.0MHz~108.1MHz
    受信感度 MONO:10μV 50dB S/N
    STEREO:250μV 60dB S/N
    IFバンド幅 選択 WIDE:280kHz
    NARROW:150kHz
    コンポジット/MPX出力 BNC出力 75Ω
    レベル 3Vp-p 於±75kHzディビエーション
    リアパネルトリムボリュームは15回転ボリューム
    ひずみ/メーター周波数特性 0.075%THD 400Hz,100%モジュレーション、デエンファシスなし
    +0/-1%,10Hz-100kHz
    XLR出力 ±4dBm ±75kHzディビエーション
    オーディオ出力 周波数特性 10Hz~15kHz ±0.5dB
    デエンファシス 50/75μS切り替え (日本では50μsecで出荷)
    アラーム出力 オープンコレクタ 異常時クローズ
    RFレベル低下 開始レベル ユーザー設定可能
    無音検知 ユーザー時間設定可能、1秒から最大2分。検知レベルは固定-30dB
    エラー表示 LCDパネル表示
    タリー出力 無音(連続低変調)、キャリアクロス。リアターミナル
    仕様 説明
    仕様 説明
    仕様 説明
  • 電源 AC90-130V 50/60Hz
    消費電力 20W
  • WxHxD (mm) EIA 2U