D-Mitri: Digital Audio Platform

D-MitriはLCS-Seriesの第4世代の製品となり、これらの技術は10年以上にわたる現場での実績から磨き上げられてきました。あらゆる音響演出空間において、高い信頼性と柔軟なプログラミング環境により高度なソリューションを提供します。
D-Mitriは、ネットワークテクノロジー、高度なシグナルプロセッシングファームウェアやコントロールソフトウェア、プロセッシング やオーディオI/O等のデバイスユニットを、柔軟で拡張性に優れたシステムとしてまとめ上げました。すなわち、このハードウェアとソフトウェアはユーザーのニーズに合わせた最適なシステムを容易に構成出来る様に設計されています。
D-MitriプロセッサはクアッドコアCPUとFPGAにより柔軟性と処理能力を両立しました。この進化したハードウェアは、近年の標準 である96KHzサンプリングレート、最大64ビットフローティングポイントの処理分解能を備え、1台のプロセッサで72chのオーディオを処理し、複数台のプロセッサを1台のマトリクスコアに接続することにより、最大288chのミキシング環境の構築が可能です。 また、ハードウェアのアウトプットを全て利用可能なマルチチャンネルサラウンド処理は、従来の5.1チャンネルサラウンドから288チャンネルのサラウンドまで、高度な音響演出の要求にも対応可能です。
D-Mitriで採用されたオーディオ/ビデオの新ネットワーク規格であるAVBネットワークは1ホップあたり250usec、7ホップで最大 2msecの低レーテンシーを保証し、1本のギガビットイーサネットで100チャンネルの96Khzオーディオ信号を伝送します。これによりD-Mitriシステムを中央集中システムから分散システム、また、これらを合わせたシステムと、柔軟で拡張性に優れたコンフィギュレーションを可能にします。
さらに、SMPTEタイムコードやMIDI、RS-232、RS-422、GPIOと言った従来からの外部コントロールポートを備え、Pythonスクリプト、OSC (Open Sound Control) のサポートを強化しました。これにより従来から定評のある自由度の高いコントロール機能に磨きがかかり、どのような複雑なタスクをもこなすことが出来ます。

Features and Benefits

Applications

Lineup

  ■ DCP D-Mitri Core Processor - 72 channel core processor
  ■ DCM-2 D-Mitri Core Matrix - 144 channel core matrix
  ■ DCM-4 D-Mitri Core Matrix - 288 channel core matrix
  ■ DAI-24 D-Mitri Analog In - 24 mic/line inputs
  ■ DAO-24 D-Mitri Analog Out - 24 analog outputs
  ■ DAIO-816 D-Mitri Analog I/O - 8 mic/line inputs, 16 analog outputs
  ■ DAIO-168 D-Mitri Analog I/O - 16 mic/line inputs, 8 analog outputs
  ■ DDIO-24 D-Mitri Digital I/O - 24 AES inputs & outputs
  ■ DCIO-24 D-Mitri CobraNet I/O - 24 CobraNet inputs and outputs
  ■ DWTRX D-Mitri Wild Tracks - 72 channel Wild Tracks
  ■ DGPIO D-Mitri General Purpose Input Output
 - SMPTE, MIDI, Word Clock, contact closure, sensors, RS-232, RS-422