11275-SC2
Silence Sensor

この製品はメーカー製造完了しました。
代替製品は、BSD-310, BSD-310/TEL Silence Detector となります。
http://ss.sc-a.jp/scmade/bsd-310/bsd-310.htm

概要

サイレンスセンサーは音声信号断を検知し、入力回路を自動で切り替えます。
音声はステレオに対応し、切り替えはリレーによります。
外部から無音検知機能開始、停止がリモート制御できます。

機能/特長

音声信号が設定したレベルより低い時間が規定の秒数を超えるとアラーム音を発生します。
同時に、入力をMAINからAUXに切り替えます。
外部アラーム出力(オープンコレクタ)を装備しています。

MAIN信号が復帰すると、リストア設定の秒数後にMAIN側に切り替わります。
フロントパネルのLEDは音声復帰後もリセットされるまで点灯を保持しています。
各センスに対応したオープンコレクタ出力を持っています。

放送終了時にはアラーム動作を行わないようにするために、無音検知機能開始、停止が外部より制御可能です。
無音検知亭時は無音になってもアラームを発生しません。

フロントパネルのAudio LEDは一度でも無音検知が働くと、無音状態が復帰後も点灯を続け、深夜などに無音動作があった事を知らせます。
  

定格

入力 MAIN, AUX ステレオ入力、バランス、ターミナル端子。
センサ周波数特性 20Hz - 20kHz + 0dB, -.1dB
センサ感度 -24dBu (デフォルト) ジャンパ設定で -34dBu、-44dBu
センサ動作時間 2秒〜最大510秒
電源 AC110V-120V, 8W AC100V動作可。
サイズ EIA 1U W=482, H=44, D=194 突起含まず。
重量 2.6Kg
 パネル操作説明