RF Explorer 3G Combo/6G Combo
OVERVIEW|製品概要

小型ハンドヘルド・スペクトラム・アナライザ
従来、何百万円もしたワイドバンドのスペクトラムアナライザーをポケットサイズ・ポケットマネーでも手が届く価格でご提供。性能・機能は低価格だからイマイチといったご心配は不要。スペックをご覧ください。デモ機も用意しています。
    
 複雑な種類の電波を解析するには、正確な道具が必要です。
業務用のハイエンド・スペクトラム・アナライザーはとても大きく高価なもので、専門的な知識が無いと使用出来ませんでした。
 
RF Explorerは、無線通信に特化し、幅広い周波数帯に対応した、スイス・アーミー・ナイフの様な、手頃な価格のハンドヘルド・スペクトラム・アナライザーで、専門的な知識が無くても簡単に使うことが出来ます。
 
今までの安価な測定器は1つの測定データを表示するだけのもので、解析結果も曖昧でした。USBキータイプのスペクトラム・アナライザーは常にPC繋いでおく必要があり機動性に欠けていました。
 
RF Explorerは、 充電式バッテリー、内蔵ディスプレイが装備したスタンドアローンで使用する事が出来るスペクトラム・アナライザーで、野外等での作業を効率的に行うことが出来ます。
また、PCを繋ぐことによって、画面のキャプチャー等の拡張機能を使うことができます。
さらに、15MHz~2700MHzから指定した帯域幅を表示する事ができ、スペクトラム拡散や予想される周波数からのズレを解析する事ができます。
 
 
-RF Explorerの主なアプリケーション –
・連続的に発生している電波(無変調連続波)、一定間隔に発信されるISMバンド における監視
・機器から期待される周波数が送出されているか電波品質の測定
・アンテナや増幅器の変更が指向性の変化やノイズを与えていないかの解析
・異なったチャンネルに機器を移動させる際の占有帯域の検出
・現在値、平均値、最大値の表示
・Windows版、MacOS版ソフトウェア(ダウンロード)-でのスペクトラム表示、
  スペクトログラム表示、画面キャプチャ(Windows版のみ)
・WiFi(2.4GHz帯)のチャンネルごとの電波強度の監視
 
 
主な特徴
◎ポケットサイズ・軽量・頑丈なアルミ仕様
◎スペクトラム・アナライザー測定値表示(最大値、マックスホールド、通常値、上書き)
◎無償でのファームウェアグレードアップ
◎連続使用16時間以上可能な大容量リチウムイオンバッテリー(USB経由で再充電可能)
◎無料のMicrosoft Windows、Mac OSソフトウェア(オープンソース)
◎ユーザーのソリューションと拡張機能ためにUSB通信プロトコルはオープンです。

SPEC|仕様
  • スペック
  • 測定周波数帯域 15MHz – 2700 MHz
    測定周波数スパン 0.112-600MHz
    周波数分解能 1kHz
    表示平均ノイズレベル(標準値) -115dBm(左側SMA)/-105dBm(右側SMA)
    振幅分解能 説明
    仕様 0.5dBm
    分解能帯域幅(RBW) 2.6kHz ~ 600kHz(自動)
    LCD液晶 128×64ピクセル(バックライト搭載)
    RFインピーダンス 50Ω
    RF最大入力レベル +30dBm
    RF測定可能最大入力レベル -5dBm(左側SMA)/-10dBm(右側SMA)
    RFジェネレーター 非搭載
    Wi-Fiアナライザー 13チャンネル
    周波数確度(標準値) 10ppm
    振幅安定度(標準値) +-1dBm
    振幅確度(標準値) +-3dBm
    RF DC分離 可能
    最大 RF DC電圧 16V
    コントロールソフト対応OS Windows Vista/7/8/8.1 各32bit/64bit, Mac OS 10.7以降
    電源 充電式内蔵バッテリー/USB電源供給
    重さ 220g
    サイズ 33x70x25 mm(コネクタ突起部含まず)
    付属品 伸縮式ワイドバンドアンテナ、2.4GHz用ホイップヘリカルアンテナ、

    専用ケース、保護用50Ω終端抵抗、USBケーブル
  • 仕様 説明
    仕様 説明
    仕様 説明
  • 仕様 説明
    仕様 説明
    仕様 説明
  • 仕様 説明
    仕様 説明
    仕様 説明
  • 仕様 説明
    仕様 説明
    仕様 説明