BSD-310,BSD-310/TEL
DISCRIPTION|製品概要

BSD-310, BSD-310/TEL Silence Detector
BSD-310、BSD-310/TELは放送などの本線系ステレオ音声信号の無音を検出した時、予備入力ソースに自動で切り替えます。
音声信号が正常に戻ると、予備系入力は本線に自動切換えします。
切替えはリレーを使用、途中にアンプは入りません。
予備入力に切り替った時は、外部にタリー出力、リモートスタートパルスを出力可能です。

BSD-310/TELは上記の機能にプラス電話割り込み装置などからの補助入力切替機能を持っています。

SPEC|仕様
  • 主な機能
  • ブロック図
  • 定格
  • 310/TEL
  • PGM INPUTの音声信号レベルがスレッショルドより低い時間をカウントし (ディレイ時間) 、この時間が設定値を越えるとSUB INPUTからの入力に切り替えます。
    PGM INPUTの音声が一定時間 (2秒固定) 以上スレッショルドレベルを超える (正常状態になる) と SUB INPUTからPGM INPUTに復帰します。
    無音検知動作は信号レベルスレッショルド、ディレイ時間をディップスイッチにて設定。
    無音検知の外部出力 (オープンコレクタ、リレー)。
    予備入力機器のリモート制御機能 (オープンコレクタ、リレー)。
    ブザー内蔵。 
    無音検知機能のリモートオン/オフ。放送休止中は機能オフにします。
     
    ブザーは無音を検知し、SUB INPUTに切替わると鳴動します。一度無音を検知すると、その後PGM INPUTに復帰しても鳴り続けます。ブザーはMUTE SWで停止することが出来ます。
    無音があり自動復帰した場合も、鳴り続けることで無音があった事をお知らせします。
    リアパネル BSD-310/TEL
    bsd310tel_rear
    PGM INPUT
    XLR3タイプコネクタ。メス。ハイインピーダンス入力。
    信号切替えはリレーを使用。
    無音検知は+4dBuを基準にしていますが、0dBも使用可能。
    PGM INPUT
    SUB INPUT
    XLR3タイプコネクタ。メス。ハイインピーダンス入力。
    PGM OUTPUT
    XLR3タイプコネクタ。オス。
    REMOTE1
    DSUB-15 メス。インチねじ。
    REMOTE1
    REMOTE2
    DSUB-9 メス。インチねじ
    REMOTE2

    ROMOTE1, 2 のリレーおよびオープンコレクタ信号は、アイソレートしています。

  • BSD-310
    BSD-310/TEL
    モノラル割り込み入力(TEL)あり。SUBより優先します。
    block2
  • 入力 コネクタ XLR-3-31相当
    レベル 0~+4dBu 無音検知は+4dBuを基準
    インピーダンス リレー切り替え、ターミネイト抵抗無し。
    出力 コネクタ XLR-3-32相当
    制御 ディレイ設定 ディップスイッチ 1-4
    2秒~最大30秒
    スレッショルド設定 ディップスイッチ 5,6
    -20dB ~ -50dB
    REMOTE1 リモート制御用
    DSUB-15 メス座。インチねじ。
    REMOTE2 サブ入力リモート制御用。
    DSUB-9 メス座。インチねじ
    電源 AC100V, 最大10 W
    サイズ 482.6 (W) x 44 (H) x 180 (D)
  • 電話制御装置と接続について TEL INPUT (XLR はモノラル、割込み時は左右のチャンネルに出力します。
    音声バッファアンプはありません。割込みの音量は外部機器で調整してください。
    制御はSUB入力(無音検知切り替え)より優先します。
    REMOTE1コネクタの4ピン(TEL INT IN)を1ピンGNDに落している間、割り込み状態となります。
    PX-9Cを接続の場合、接点制御1の出力(極性なし)をREMOTE1コネクタの4ピン(TEL INT IN)と1ピン(GND)に接続します。
    終話時断モード、接点は連続モードで使用。