Zephyr IP ONE
DISCRIPTION|製品概要

1Uサイズ、よりコンパクト、価格もお手頃。
 
インターネット接続できる環境があれば、簡単にステレオ音声を双方向で伝送可能。
固定IP不要、ルーターの設定変更など、複雑な操作無しでZephyr-IP/ONE同士を接続できます。
回線の状態を監視し、最適の設定に自動追従します。
 
放送用コーデックTELOS Zephyrの最新IPコーデック
インターネットに接続できる環境があれば、すぐに使用できます。
回線の状況に応じて伝送レートを自動処理。高音質を保ちつつ最小のディレイに自動設定。
 
■放送用高品質、高信頼性IPコーデック
■AAC-ELD,AAC-HE,MPEG Layer2,G.711,G.722,リニア-PCMをサポート
■固定IPアドレス接続だけでなくNAT(Network Address Translation)接続に対応。
■モバイルルーター接続対応
■TELOSホストZ/IPサーバーサービスによるワールドワイド接続サポート。
■ACT (Agile Connection Technology) 通信設定を回線状態により自動選択機能。
■Livewire接続でAXIA IPオーディオネットワーク構築、LAN、WANネットワーク接続機能
■アナログ入出力
■24ビットAD/DAコンバータ装備
■UDP/RTP及びTCP/IP接続で伝送レート16kbps~256kbpsに対応
■パラレル I/Oポート 8入力/8出力
■接続状態表示モニター装備
■ウェブサーバー内蔵、リモート制御可能
■N/ACIP (Open) スタンダード適合
■EIA 19″ 1Uサイズ

SPEC|仕様
  • 仕様
  • 接続例
  • <音声>
    入力 +4dBu
    バランス、Zin=>10k
    THD+N < 0.03% @ +12dBu, 1 kHz Sine
    周波数特性 +/- 1dB 25Hz ~20 kHz
    ヘッドルーム 18dB
    ダイナミックレンジ > 87dB Unweighted
    > 90dB “A” Weighted
    クロストーク < -80dB
    出力 +4dBu(基準) バランス、Zo=<50Ω
    最大出力 1% @ 22dBu Bridged Load (10.1 Vrms)
    コーデック SIP: G.711, G.712, MPEG Layer2, MPEG AAC, Linear PCM
    MPEG AAC-Enhanced Low Delay (ELD)
    High Efficiency AAC
    <電源>
    電源 AC100-240V ユニバーサル電源
    消費電力 15W
    <サイズ・本体重量>
    WxHxD (mm) 482x 44.1 x 162(突起含まず)2.2kg
  • 本局接続
    Z/IP ONEに音声、電源、LANケーブルを接続します。
     
    ネットワークについて
    光ケーブルによるインターネット接続回線があれば、ZephyrIPをハブに繋ぐだけ。
    ルーターの設定などは通常必要ありません。
    Zephyr/IP ONEはDHCPクライアントとして設定しているので、自動でIPを取得します。
    以下のポートを使用します。
    FireWallがシビアに設定されている場合、以下の変更が必要になります。
     update用 TCP/UDP 24および 308
     リスニング用 TCP/UDP 11926
     SIP用 TCP 5060 および 5061
     デフォルト TCP: 5060, UDP: 9150
    出先での接続
    モバイルルータ Planex CQW-MRB と USBデータ通信カード イーモバイル D22HW
    demo-fig1 Z/IP ONE
    demo-fig1 Z/IP ONE

    デモセットは上図のような、モバイル通信セットをZephyr/IP ONEと一緒にお貸し出しいたします。