iQ AoIP Mixing Console ラジオミキサー
iQ_front1
iQ-big-banner1
OVERVIEW|製品概要

コストパフォーマンスに優れたネットワークコンソール。
Axia®iQラジオコンソールシステムを使用して、8〜24フェーダーのサイズのコンソールを構築できます。
基本システムは、1つのiQ 8-Faderメインフレームと1台のQOR.32コンソールエンジンで構成できます。QOR.32コンソールエンジンはDSPベースのミキシングエンジンでアナログおよびデジタルオーディオI / O、GPIO、イーサネットスイッチを内蔵しています。
フェーダーと制御機能は、1つまたは複数のiQ拡張フレーム(コンソールのインストールごとに最大3フレーム)を追加することで拡張できます。 iQコンソールフレームは、机の表面に置くか、ドロップインスタイルで取り付けることができます。 必要に応じて、複数のフレームを物理的に結合できます。
iQフレーム2台結合

iQはスタンドアロンコンソールとして動作しますが、Axiaネットワークに接続することもできます。
iQミキシングサーフェスは、1本のCANBUS専用ケーブルを使用してQOR.32エンジンに接続します。
Studio Hub RJ45変換ケーブルを使用してオーディオ入力を追加し、Webベースのシステム構成を実行すると、iQシステムで放送準備が整います。 本当に簡単です!

iQは、3つの専用ステレオプログラムバスに加えて、通話、オフエア録音、または4番目のプログラムバスとして使用できるステレオユーティリティバスを備えています。 各フェーダーには自動ミックスマイナス機能、トークバック機能、ワンボタンオフエア録音モード、最大4つの定義済みコンソール「スナップショット」を瞬時に呼び出すプロファイル表示機能、PPMまたはVUのスタイル切り替え可能な高解像度OLEDプログラムメーターが備わっています。各フェーダーストリップ、スタジオおよびコントロールルームのモニターコントロールにソース名が表示されます。 Axia Console Power Supplyを使用して、iQシステムに冗長電源を追加します。 QOR.32コンソールエンジンへのこの単一ケーブル接続は、自動切り替えでバックアップ電源を提供します。

 
iq_profile1

Axia製品だけでなく、XstreamなどのLiveWireをサポートしているTelos製品とネットワークで接続可能。
入出力リソース、制御をIP化することで配線工数を大幅カットします。


デスクトップ設置例
iQデスクトップ設置


デスク埋め込み設置例
iQデスク埋め込み例

SPEC|仕様
  • ラインアップ
  • 機能/特長
  • 仕様
  • QOR32_front_rear
    QOR.32 CONSOLE ENGINE
    iQコア コンソールエンジン
    音声入出力、DSPエンジン、音声処理と制御を実行するメインユニット。
    16個のアナログ入力と8個のアナログ出力、2個のAES / EBU入力と2個のAES / EBU出力、選択可能なファンタム電源を備えた4個のマイク入力、それぞれ5個の入力と5個の出力を持った8個のGPIOマシン制御ロジックポート、6個のLivewire®100BASE-Tイーサネットポートと2個のSFP付き1000BASE-T(ギガビット)ポート

    QOR32-0276 P/N 2001-00276
    QOR32BackupPowerSupply
    Axia Console Power Supply
    QOR.32に接続する自動スイッチオーバーを備えた冗長バックアップ電源。QOR.32コンソールエンジンへのシングルケーブル接続により、自動切り替えによるバックアップ電源が提供されます。 (自動検出電源、90VAC〜240VAC、50 Hz〜60Hz。250ワット、ラックマウント、2RU。)

    QOR32-BPS375 P/N 2001-00375
    IQ_8MainFrame
    iQ Console System 8-Fader Main Frame
    iQコンソールの心臓部。 スタンドアロンコンソールとしてインストールするか、Axia studioネットワークに接続できます。 3つの専用ステレオプログラムバスに加えて、通話、オフエア録音、または4つ目のプログラムバス、8つのフェーダー、フェーダーごとの自動マイナス、高解像度OLEDプログラムメーターとして使用できるステレオユーティリティバス、チャンネルディスプレイ、スタジオおよびコントロールルームモニターコントロール、統合されたトークバックシステム。

    iQ8-FM275 P/N 2001-00275
    IQ_8Fader Expansion
    iQ 8-Fader Expansion Frame
    iQ 8-Faderフレームは、iQのサイズを即座に2倍にします。 iQコンソールの稼働後も、iQコンソールの容量を簡単に拡張できるため、iQシステムを簡単に拡張できます。 拡張フレームは、QOR.32統合コンソールエンジンに直接接続します。 すべてのiQフレームと同様に、8フェーダー拡張には、Axiaの頑丈なアルミニウム表面、導電性プラスチックフェーダー、航空機品質スイッチ、LEDボタン照明が装備されています。 メインフレームに物理的に結合することも、個別に設置こともできます。

    iQ8-FP283 P/N 2001-00283
    IQ_6-Fader with User Button Expansion
    6-Fader with User Button Expansion Frame
    このiQ拡張フレームを使用して、マシン制御とGPIOトリガーのルーティングコマンドを操作できます。 6個の追加フェーダーに加えて、10個のユーザーボタンをソフトウェアマッピングして、オーディオ配信システムの制御、コンタクトクロージャーの送信、またはGPIOコマンドのスタジオデバイスへのルーティングを行うことができます。

    iQ6-FPS285 P/N 2001-00285
    IQ_6Fader_Telco
    6-Fader Telco Expansion Frame
    iQ6 6-Line Telco Gatewayと組み合わせる事で統合された電話システムの制御が可能になります。 6チャンネルのフェーダーに加えて、Telos iQ6 6ライン電話ハイブリッド用のオンボードハイブリッドコントローラーが含まれています(他のTelos電話システムでも動作します)。パネル操作により通話先の呼出し、DJマイクとミキサーのモニター機能を使用しての打合せを行い、オンエアーはフェーダーを上げるだけとスムースにトークショーを進行出来ます。

    iQ6-FPT284 P/N 2001-00284
    iQ6 Front
    iQ-6 SIX-LINE TALKSHOW SYSTEM
    iQ6電話放送システムは、iQのTelco拡張フレームに組み込まれたハイブリッドコントローラー(およびTelos VSet6電話コントローラー)で動作します。電話回線は最大6回線まで対応、テレホンハイブリッドは2チャンネルです。
    iQ6-0248 P/N 2001-00248
    xNode
    xNode 各種インターフェイスユニット
    xNodeはLiveWire+ ネットワークに接続して各種フォーマットの信号をAoIPストリーミングに変換します。
    アナログ、AES/EBU、マイクレベル、ミックスドシグナル、GPIOバージョンがあり、今日の放送スタジオで発生するほぼすべての信号を処理します。

  • iQコントロールサーフェイスユニット
    ・iQコアエンジンとCANBusケーブル1本で接続しスタンドアロンのコンソールとして動作
    ・iQコアエンジンに2つあるギガビットイーサを通じAXIAネットワークの一部としても動作
    ・最大4台のiQコアエンジンをイーサネットスイッチ無しでデイジーチェイン接続可能
    ・メインバスはステレオ3系統+ステレオユーティリティバス
    ・各フェーダーは自動ミックスマイナス機能あり
    ・4パターンの設定をスナップショットに保存、再現
    ・デスクトップ据え置き、デスクトップドロップインマウント、ラックマウント対応

    iQコアエンジン
    ・DSPベースミキシングエンジン、オーディオI/O、GPI制御ロジック、イーサネットスイッチ内蔵
    ・ファンレスデザインで設置場所を選びません
    ・バックアップ電源入力を装備、電源冗長化に対応

    基本接続
    iQ_Basic-connection
  • QOR.32接続 マイク入力:バランスXLR-F x4、選択可能なファンタム電源
    アナログ入力:RJ-45 x16、StudioHub +標準。
    アナログ出力:RJ-45 x8、StudioHub +標準。
    AES/EBU入力:RJ-45 x2、StudioHub +標準。
    AES/EBU出力:RJ-45 x2、StudioHub +標準。
    GPIO:DB-15 x8
    Livewire:
      PoE、RJ-45を備えた4つの100BASE-T
      100BASE-T、RJ-45 x2
      1000BASE-T、RJ-45 x2
      ギガビット、SFP(Small Form Pluggable) x2
    コンソールフレーム接続:6ピン「ラッチアンドロック」スタイルコネクター x3
    アクセサリ接続:6ピン「ラッチおよびロック」スタイルコネクター x1
    マイクプリアンプ ソースインピーダンス:150Ω
    入力インピーダンス:最小4kΩ、バランス
    公称レベル範囲:調整可能、-75dBu〜-20dBu
    入力ヘッドルーム:20dB以上
    出力レベル:基準 +4dBu
    アナログライン入力 入力インピーダンス:20kΩ
    基準レベル:選択可能、+4dBuまたは-10dBv
    入力ヘッドルーム:20dB以上
    アナログライン出力 出力ソースインピーダンス:50Ω以下 バランス
    出力負荷インピーダンス:600Ω、最小
    基準出力レベル:+4dBu
    最大出力レベル:+24dBu
    デジタルオーディオ入力および出力 基準レベル:+4dBu(-20dBFS)
    インピーダンス:110Ω、バランス(XLR)
    信号形式:AES-3(AES/EBU)
    AES-3入力:選択可能なサンプルレート変換を備えた24ビット、20 kHzから216 kHzの入力サンプルレートに対応。
    AES-3出力:24ビット
    デジタル基準:内部(ネットワークタイムベース)または外部基準48kHz、+/- 2ppm
    内部サンプリングレート:48kHz
    出力サンプルレート:48kHz
    A/D変換:24ビット、デルタシグマ、256倍のオーバーサンプリング
    D/A変換:24ビット、デルタシグマ、256倍のオーバーサンプリング
    レイテンシ:3msece以下、マイクおよびモニターアウト(ネットワークおよびプロセッサーループを含む)
    周波数特性 任意の入力から任意の出力:+0.5/-0.5 dB、20Hz〜20kHz
    ダイナミックレンジ アナログ入力からアナログ出力:102dB (0dBFS基準)、105dB (Aカーブ)
    アナログ入力からデジタル出力:105dB (0dBFS基準)
    デジタル入力からアナログ出力:103dB (0dBFS基準)、106dB (Aカーブ)
    デジタル入力からデジタル出力:125dB
    入力換算ノイズレベル マイクプリアンプ:-128dBu、150Ωソース、リファレンス-50dBu入力レベル
    全高調波歪み+ノイズ @1kHz マイクライン入力からアナログライン出力:<0.005%、-38dBu入力、+18dBu出力
    アナログ入力からアナログ出力:<0.008%、+18dBu入力、+18dBu出力
    デジタル入力からデジタル出力:<0.0003%、-20dBFS
    デジタル入力からアナログ出力:<0.005%、-6dBFS入力、+18dBu出力
    クロストーク、CMRR アナログラインチャネル間アイソレーション:最小90dB、20Hz〜20kH
    マイクチャンネル間アイソレーション:最小80dB、20Hz〜20kHz
    アナログラインステレオ分離:最小85dB、20Hz〜20kHz
    アナログライン入力CMRR:> 50 dB、20Hz〜20kHz
    マイク入力CMRR:> 50 dB、20Hz〜20kHz
    オーディオ処理 マイク用3Bandイコライザー(最大6個のフェーダーに適用可能)
    周波数帯域:20Hzから320Hz、125Hzから2KHz、1.25KHzから20KHz。
    各帯域のカット/ブースト範囲:-25dB〜+15dB。
    Qファクター:自動-帯域幅はカットまたはブーストの量に基づいて変化します。
    電源AC入力、QOR.32 ユニバーサル電源、90VAC〜240VAC、50Hz〜60Hz、IECコンセント、内部ヒューズ
    消費電力:100ワット
    CANbusケーブルの最大長(エンジン–コンソール間接続)、特注で12mです。
    動作温度 -10℃〜+40℃、湿度<90%、結露なし
    iQ Console System 8-Fader Main Frame 8フェーダーメインユニット
    サイズ:W=520, D=483, H=112 mm
    iQ 8-Fader Expansion Frame 8フェーダー拡張ユニット
    サイズ:W=438, D=463, H=74 mm
    6-Fader with User Button Expansion Frame 6フェーダー+10個のボタン拡張ユニット
    サイズ:W=438, D=463, H=74 mm
    6-Fader Telco Expansion Frame 6フェーダー+Telco制御拡張ユニット
    サイズ:W=438, D=463, H=74 mm
    規制 日本:国内にてPSE検査。(QOR.32)
    北米:FCCおよびCEはテスト済みで準拠しており、電源はUL承認済。
    欧州:欧州委員会の決定2005/618 / EC、2005/717 / EC、2005で改正された、電気電子機器(RoHS)における特定の有害物質の使用制限に関する欧州連合指令2002/95 / ECに準拠/ 747 / EC(RoHS指令)、およびWEEE。
  • iQ Core
    iQコア コンソールエンジン
    音声入出力、DSPエンジン、音声処理と制御を実行するメインユニット。
    tn_iQCore1
      
    iQ Backup Power Supply
    iQコア コンソールエンジン用の冗長化電源ユニット。自動切り替え対応。
    tn_iQBackup1
      
    Ethernet Switch
    Axiaのネットワークオーディオは、Qosをサポートしたスイッチを使用します。
    難解なQosなどの設定が不要、ワンタッチで設定可能なxSwitchがお勧めです。
    frames1
      
    各入力チャンネルごとに入力ソース表示機能を装備。
    oled1
      
    明るいOLEDタイプのバーメーターで音声レベルを表示します。
    iQ6_Front1meter1