Quasar SR AoIPミキシングコンソール
OVERVIEW|製品概要

Axia Quasar SR AoIP Mixing Console
Quasar SRは、AxiaのベストセラーFusionコンソールの後継機です。 Fusionの良さをQuasar SRで更に磨きを掛けました。
QuasarSRは、価格と機能の両面でFusionコンソールに匹敵するだけでなく、フラッグシップのQuasar XRコンソールのすべてのパワー、人間工学、工業デザイン、スターアピールを提供します。

Quasar SRは、多数のノブと多くのスイッチがちりばめられたあらゆる用途に対応可能なコンソールではありませんが、その合理化された表面設計のおかげで、どのボードオペレーターにも親しみやすくなっています。
Quasar SRは、Quasar XRと同じフレーム、電源、およびマスターモジュールを使用しますが、フェーダーモジュールはQuasar XRのようなムービングフェーダーではありません。
各チャンネルストリップにあるボタンの数は少なく、大きく、届きやすい設計です。
Quasar XRコンソールの各フェーダーの横にあるLEDメーターなど入力部の機能が少し多すぎる場合は、Quasar SRがソリューションであり、
最小限の部品配置で構成されています。

成熟した信頼性の高いAoIPテクノロジー

AoIPのパワーをAxiaQuasar™で活用してください。これは、第6世代のAoIPコンソールであり、すべてがIP化されていく将来のスタジオシステムにいち早く対応した先進の技術を採用しています。 放送用AoIPの発明者であるTelosAllianceの成熟し洗練されたAoIPテクノロジーを搭載したQuasarは、トラブルのない安定した信頼性を実現するように設計されています。

Quasarは広大なLivewire +™AES67エコシステムの一部であり、ネットワークに接続された複数のスタジオ間でオーディオリソースの検出、共有、および制御を可能にすることで、ネットワーク上の他のデバイスとの通信を容易にします。
Quasarを使用すると、組み込みの冗長性、コスト効率、使いやすさとセットアップの容易さ、およびシステムのスケーラビリティというAoIPの約束が完全に実現されます。

コンソールデザインの頂点

広範なグローバルな顧客フィードバックと人間工学的研究に基づいて設計されたQuasarコンソールは、その絶妙な外観と、耐傷性のある作業面や生涯使用できるほど頑丈なコンポーネントなど、高品質のアーキテクチャで所有権の誇りを提供します。
摩耗する可能性のあるすべての部品は、工業用、自動車用、さらには航空電子工学グレードです。
オーバーブリッジがないため、デスクへの設置が簡単で、コンソールはファンレスで静かな操作が可能で、冗長な負荷分散電源ユニットを備えています。
全体に高解像度カラーTFTディスプレイとRGBプッシュボタンが使用されています。
革新的なデザインを強化したQuasarは、RedTech Award for ErgonomicsとIBC Best of Show Awardを受賞しました。

タッチコントロールとタッチセンサー内蔵

Quasarコンソールには、洗練された操作が簡単な工業用グレードの12.1インチタッチスクリーンユーザーインターフェイスがあり、数分でコンソールの操作に慣れることができます。
すべてのユーザーワークフロー要件に対応するために、エキスパートと簡易の2種類のユーザーインターフェイスを使用できます。
Quasarは、タッチスクリーンのおかげで機能するために外部ディスプレイを必要としませんが、背面のHDMIポートを介して外部モニターを接続し、タッチスクリーンインターフェイスの複製を表示できます。
さらに、すべてのQuasarコンソールは、タッチセンシティブエンコーダー、フェーダー、およびユーザーボタンを提供し、応答性の高いユーザーインタラクションを提供し、指先になじむユーザーインターフェイスでQuasarは反応します。

カスタマイズ可能

エキスパートソースプロファイルコントロールにより、パワーユーザーは各ソースに関連付けられたカスタムロジックをきめ細かく定義できます。
ユーザーは、コンソールチャネルの状態に基づいて、GPIO制御、ミックスマイナスルーティング、トークバック、およびその他の機能をプログラムできます。
フレキシブルレコードモードでは、モニター、メーター、ヘッドフォンフィード、プログラムバスの割り当てなどを完全に制御できます。
さらに、Show Profilesを使用すると、さまざまな設定、レイアウト、デフォルトを即座にロードできる最大4,000のコンソール「スナップショット」が可能になり、必要に応じて、各ショーの要件や使用者の好みに合わせてボードをカスタマイズできます。
最後に、自動ミックスマイナスと自動ミキシングはすべてのチャネルで利用できます。

自動ミキシング機能は遠隔地からミキサーをリモート操作するなど、従来の使用方法とは異なった次元のオペレーションを強力にサポートします。

SPEC|仕様
  • 機能/特長
  • In Depth
  • サイズ
  • ・Axiaの非常に信頼性の高い第6世代のサーフェイス
    ・人間工学に基づいた広範な研究に基づいたコンパクトで洗練されたデザイン
    ・あらゆる規模のラジオスタジオや特殊なテレビ設備向けに設計されています
    ・冗長オプションを備えた内蔵のモジュラーファンレス電源ユニット
    ・フェーダー密度を上げるためにフェーダーピッチを小さくしました
    ・作業面に簡単に設置できるオーバーブリッジはありません。 OLEDなし
    ・テーブルトップフレームはフラッシュマウントに変換可能
    ・現代のテレビカメラを備えたスタジオで使用されている照明に合う色と仕上げ
    ・モジュールは、現代的で創造的な作業スペースのために、フレームの外側にスタンドアロンとしてインストールできます
    ・操作が簡単なタッチスクリーンベースのユーザーインターフェイス。外部ディスプレイは必要ありません
    ・HTML5リモートコントロールが統合された直感的なWebユーザーインターフェイス
    ・イーサネット接続された自己完結型のサーフェスモジュール
    ・すべてのチャンネルストリッププッシュボタンはユーザーが割り当て可能です
    ・静電容量式タッチセンスを備えた4つのユーザープログラム可能なマスターボタン
    ・すべてのエンコーダーとフェーダーはタッチセンシティブです
    ・64ステレオ入力チャンネルにスケーラブルなクォーサーエンジン
    ・完全に再設計されたDSP処理、すべてのチャネルで利用可能
    ・すべてのチャネルで利用可能なオートミキサー
    ・80ステレオ入力を備えた追加のV-Mixer(コンソールから独立)
    ・自動ミキシングや自動ミックスマイナスなど、柔軟性が高く自動化されたオーディオワークフロー
    ・ユーザーの介入なしに究極のカスタマイズのためのソースとショーのプロファイル
    ・ソースグループを簡単に識別できるモジュールのカスタマイズ可能なカラーストリップ

  • Axiaの第6世代AoIPコンソール
    Quasarは、Axiaの新しい最先端の放送ミキシングシステムです。
    そして非常に堅固に作られています。
    美しく頑丈で、耐久性と傷のつきにくい作業面、高解像度のカラーTFTディスプレイ、RGBプッシュボタン、さらに工業用グレードの12.1インチTFT IPSタッチスクリーンを備えています。
    使いやすいユーザーインターフェイス、高度な人間工学、最高品質のコンポーネント、および大規模な機能セットを備えたAxiaは、Quasarの水準を引き上げ、ネイティブAoIPブロードキャストコンソールの新しい品質基準を再び設定します。

    構成
    フレームあたり4〜28のフェーダーのサイズで利用でき、複数のリンクされたフレームで最大32のフェーダーをサポートします。
    コンソールは設置面積を最小にし、シングルまたはデュアルの冗長イーサネットケーブルでAxiaネットワークに直接接続します。
    フレームは卓上バージョンとフラッシュマウントバージョンの両方で利用でき、特別なキットを使用して1つのタイプから別のタイプに変換できます。

    モジュール
    Quasar SR-4Faderモジュールは、標準機能としてタッチセンシティブコントロールと非電動フェーダー、信頼性クラスのメータリング、ソースドライブの色分け、および表面全体のカスタマイズ可能なハードウェアボタンを提供します。
    さまざまなソースプロファイルタイプにより、マイク/ライン入力、電話、コーデック、およびその他のデバイスを制御できます。
    電話とコーデックの拡張された統合機能には、各チャネルでの自動割り当てミックスマイナス、リモートタレントキューイングのための簡単なトークバック、ワンボタンオフエア電話録音モード、統合されたタッチスクリーンベースの電話回線切り替えはTelos社の電話ハイブリッドおよびVoIP / SIPトークショーシステムにインターフェイスします。

    タッチスクリーンユーザーインターフェイス
    Quasarは、使い慣れたシンプルで直感的なGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)を提供するマスタータッチスクリーンモジュールを備えているため、数分でコンソールの操作に慣れることができます。
    タッチスクリーンのおかげで、Quasarは通常操作では外部ディスプレイを必要としませんが、外部モニターを背面のHDMIポートを介して接続して、タッチスクリーンインターフェイスの複製を表示することができます。

    Web ユーザーインターフェイス
    エキスパートソースプロファイルコントロールにより、パワーユーザーは各ソースに関連付けられたカスタムロジックをきめ細かく定義できます。
    ユーザーは、コンソールチャネルの状態に基づいて、GPIO制御、ミックスマイナスルーティング、トークバック、およびその他の機能をプログラムできます。
    フレキシブルレコードモードでは、モニター、メーター、ヘッドフォンフィード、プログラムバスの割り当てなどを完全に制御できます。
    ショープロファイルでは、さまざまな設定、レイアウト、デフォルトを即座にロードして、最大4,000のコンソール「スナップショット」を作成でき、必要に応じて、各ショーの要件や才能の好みに合わせてボードをカスタマイズできます。
    HTML5リモートGUIがWeb ユーザーインターフェイスに組み込まれているため、ブラウザー対応デバイスからコンソールをリモートで制御および操作できます。

    クーリングおよび電源
    Quasarコントロールサーフェスは完全にファンレスであり、組み込みの産業用グレードの電源ユニットを単一構成または冗長構成で利用できます。

    製造品質
    クエーサーシステムは、長期間の使用を考慮して設計および構築されています。
    そのすべてのコンポーネントは、非常に厳しい寿命要件で慎重に選択されました。
    摩耗する可能性のあるすべての部品は、工業用、自動車用、さらには航空電子工学グレードです。
    必要なフレームサイズと構成に応じて、最大4つのPSUを1つのコンソールフレームに含めることができます。

    AxiaのAoIPインフラストラクチャのパワー
    Quasarは、AxiaのLivewire +™AES67AoIPネットワークに接続し、その強力な分散I / Oアーキテクチャを最大限利用できます。
    Livewire +ネットワークは、ネットワークに接続された複数のスタジオ間でオーディオリソースの検出、共有、および制御を可能にし、そのテクノロジーは最新のAES67標準に準拠しています。

  • コントーロールサーフェイス サイズ

    幅: 428mm (4フェーダー+マスター)
    1360mm (28フェーダー+マスター)
    奥行き: 580mm
    高さ: 95~110mm(ゴム足付きテーブルトップフレーム)

     

     

  • 文字ノーマル、小さめ、色付き文字太く、大きく、色付き文字ノーマルで2枠連結仕様説明

  • 文字ノーマル、小さめ、色付き文字太く、大きく、色付き文字ノーマルで2枠連結仕様説明

DISCRIPTION|製品概要

QUASAR SR基本接続



QUASAR エンジン
Quasar SRは、16のネイティブAoIPパワーハウスであるQuasar Engineを搭載しており、64に拡張可能、ステレオチャンネル、4バンドフルパラメトリックEQ、強力なダイナミクス処理、すべてのチャンネルのオートミキサー、4つのプログラムバス、8つの補助バスを備えています。
4つの表面レイヤーと16の独立した5チャンネルVミキサーを備えた仮想ミキサー(VMix)は、物理的なフェーダー数をはるかに超えてQuasarコンソールのミキシング容量を拡張します。
AES67のサポートに加えて、Talentヘッドフォン処理や、操作をより簡単で直感的にする他の多くの高度な機能が含まれています。
このミックスエンジンプラットフォームには、冗長電源が標準装備されています。
クォーサーエンジンはファンの冷却を強制しましたが、クォーサーコンソールは完全にファンレスです。

Axia Quasar Soft

QuasarSRコンソールのオプションのアップグレードであるQuasarSoftは、ブラウザーからQuasarサーフェスを制御できるカスタマイズ可能なリモートコントロールソリューションです。
最大8つのHTML-5ページを生成し、64の入力チャネルのいずれかと小さなモニターセクション、またはコンソールのマスターセクション全体を表示するように構成できます。

QuasarSoftライセンスの一部として含まれているQuasarCastは、同じWebブラウザーを介してネットワーク内の任意のLivewireストリームを聞くことができるリモート監視ソリューションです。
Quasar Castは、Livewireネットワークのソースから圧縮されたOPUSストリームを生成し、最大8つのクライアント(Quasar Softインスタンスを含む)にサービスを提供できます。
Quasar Castを使用すると、Quasar Softを使用してコンソールをリモートで操作しながら、スタジオや放送中に何が起こっているかを聞くことができます。

Axia Quasar Console and Accessory Modules

これらマイク入力/ヘッドフォン出力コンソールモジュール、マイク/ヘッドフォン制御アクセサリモジュール、電動フェーダーアクセサリモジュールをQuasar XRまたはSRコンソールと組合せて使用します。

マイク/ヘッドフォンコントロールアクセサリモジュールは、マイクのオン/オフ機能のリモートコントロールを提供し、専用のミュートボタンとトークバックボタンをタレントが操作できます。
ボリューム/ソース選択ノブを使用すると、ユーザーはヘッドフォンモニターのソースを選択でき、ディスプレイの読み取り値で選択を確認できます。

Quasarのムービングフェーダーアクセサリモジュールは、マイク/ヘッドフォンモジュールのすべての機能に加えて、Quasarマイクチャネルの制御を可能にする高品質のムービングフェーダーを提供します。
このモジュールは、離れた場所に取り付け可能でコントロールサーフェイスの追加のチャネルストリップとして効果的に機能できます。

Quasarマイク入力/ HP出力コンソールモジュールは、オプションの1ch幅のモジュールで、コントロールサーフェイスのどこにでも配置して、便利なトークバック入力とヘッドフォン出力をQuasarに追加できます。
独自のヘッドフォンアンプボードが付属しており、QuasarリアI / Oモジュールに接続して、コンソールで任意のライン信号を受けます。高品質なハイパワーヘッドフォン出力。