RAQ RAQ MIXING CONSOLE
RAQ 前面
RAQ_DESQ_QOR.16
OVERVIEW|製品概要

RAQラックマウントコンソールの概要
6つの入力レベルノブのあるAxia®RAQコンソールは、スペースに制限がある場合に最適なラックマウント対応のミキシングコンソールです。
DESQと基本機能はほぼ同じで、形状のみ異なります。(時計/タイマー無し)
RAQには、OLEDチャンネルオプションディスプレイを備えた6つのロータリーフェーダー、2つのステレオミキシングバスとプレビュー(キュー)バス、切り替え可能なVU / PPM弾道を備えた高解像度OLEDメーターディスプレイ、プログラムバスまたは2つの割り当て可能な外部のオーディション用のモニター/ヘッドフォンコントロールがあります。

RAQは、航空機品質のスイッチを使用し、すべてLED照光を備えています。
プッシュオン/プッシュオフのチャンネルスイッチを備えたスムーズで正確なロータリーフェーダーは、オーディオコントロールの作業を高速化します。
また、RAQは、Axiaの有名な全自動のミックスマイナス機能も備えてます。
プロファイルを表示すると、最大4つの定義済みコンソール「スナップショット」を即座に呼び出すことができます。

RAQはスタンドアロンインストールで動作しますが、Axiaネットワークの規模が大きいネットワークにも適しています。
2台のRAQコンソール、または1台のRAQと1台のDESQコンソールを単一のQOR.16と組み合わせて、費用効果の高いマルチコンソール展開を実現できます。

SPEC|仕様
  • ラインアップ
  • 機能/特長
  • 仕様
  • QOR.16 前面、背面
    QOR.16 CONSOLE ENGINE
    iQコア コンソールエンジン
    音声入出力、DSPエンジン、音声処理と制御を実行するメインユニット。
    8個のアナログ入力と4個のアナログ出力、AES/EBU入力出力 各1、ファンタム電源を備えた2個のマイク入力、それぞれ5個の入力と5個の出力を持った4個のGPIOマシン制御ロジックポート、 6個のLivewire®100BASE-Tイーサネットポートと2個のSFP付き1000BASE-T(ギガビット)ポート
    QOR16-0274 P/N 2001-00274
    DESQ
    DESQ MIXING CONSOLE
    6フェーダー、2バス構成のAxia DESQコンソールは、小規模な制作スタジオ、リモート車両、コンテンツインジェストステーションなどに最適な、費用対効果の高い小型フットプリントコンソール。
    DESQ-0313 P/N 2001-00313
    RAQ 前面
    RAQ MIXING CONSOLE
    6つの入力レベルノブのあるAxia®RAQコンソールは、スペースに制限がある場合に最適なラックマウント対応のミキシングコンソールです。DESQと同じ機能はで、形状のみ異なります。
    RAQ-0290 P/N 2001-00290
    iQ6 Front
    iQ-6 SIX-LINE TALKSHOW SYSTEM
    iQ6電話放送システムは、iQのTelco拡張フレームに組み込まれたハイブリッドコントローラー(およびTelos VSet6電話コントローラー)で動作します。電話回線は最大6回線まで対応、テレホンハイブリッドは2チャンネルです。
    iQ6-0248 P/N 2001-00248
    xNode
    xNode 各種インターフェイスユニット
    xNodeはLiveWire+ ネットワークに接続して各種フォーマットの信号をAoIPストリーミングに変換します。
    アナログ、AES/EBU、マイクレベル、ミックスドシグナル、GPIOバージョンがあり、今日の放送スタジオで発生するほぼすべての信号を処理します。
    RJ45-XLR変換ケーブルセット
    QOR16-CBLKIT RJ-45:XLR変換ケーブルセット
    CABLE-XLRF RJ-45とXLRメス変換(入力) 1.8m x9本
    CABLE-XLRM RJ-45とXLRオス変換(出力) 1.8m x5本
    BSW-309iQ
    BSW-309iQ
    iQ用カフボックス
    1台で複数チャンネル制御も可能。
    ON / OFF / RTB (Return Talk-Back) スイッチ付

  • ・6つの入力レベルノブ。
    ・[Options]ノブを回すだけで、任意のタイプのソースを任意のチャンネルに割り当てます。
    ・音声と制御の接続及び信号処理はすべてQOR.16で行い、操作面はDESQと機能が分離されています。DESQを直接通過する音声はありません。
    ・QOR.16統合コンソールのソフトウェアアップグレードにより、RAQ AoIPコンソールはAES67準拠になります。
    ・2つのステレオミックスバスと1つのプレビュー(キュー)バス。
    ・英数字のOLEDディスプレイは常に現在のオーディオソースを表示し、オプションノブを押すと、フェードゲイントリム、EQ、パン、バランスなどの機能を調整できます。
    ・各チャンネルは3バンドのEQ装備。
    ・各チャンネルのソフトキーを使用して、トークバックをアクティブにしたり特別な機能を実行したりできます。
    ・すべてのチャンネルストリップにはステレオプレビュー(「キュー」)機能があり、オンエア前にソースを確認できます。
    ・CRモニターセクションはプログラムバスの直接選択または外部ソースを切り替えてモニターできます。
    ・4つのショープロファイル「スナップショット」を保存して、コンソール設定を即座に呼び出すことができます。
    ・電話、コーデックでの通話のための自動ミックスマイナス。
    ・明るいOLEDメーターディスプレイは、応答性に優れた読みやすいVUまたはPPMメーター提供。
    ・すべての機能は、標準のWebブラウザを使用して、構成、管理、診断の目的でリモートからアクセスできます。
    ・個別のOLEDクロック/タイマー表示は、NTP対応の時刻クロックと手動またはソースと自動リンクできるイベントタイマーを備えています。
    ・音声と制御信号処理はすべてQOR.16統合コンソールエンジンで行います。
    ・I/Oは、Axia xNodeを使用して拡張できます。
    ・各QOR.16は、接続された2つのRAQまたはDESQコンソール、またはそれぞれ1つをサポートできます。
    ・スタジオ内使用でも騒音のないファンなしの設計。
  • QOR.16接続 マイク入力:2x バランスXLR-F、ファンタム電源(オン/オフ)
    アナログ入力:RJ-45 x8、StudioHub+ コネクタフォーマット。
    アナログ出力:RJ-45 x4、StudioHub+ コネクタフォーマット。
    AES/EBU入力:RJ-45 x1、StudioHub+ コネクタフォーマット。
    AES/EBU出力:RJ-45 x1、StudioHub+ コネクタフォーマット。
    GPIO:DB-15 x4
    Livewire:
      PoEを備えた100BASE-T、RJ-45 x4
      100BASE-T、RJ-45 x2
      1000BASE-T、RJ-45 x2
      ギガビット、SFP(Small Form Pluggable)x2
    アクセサリ接続:6ピン「ラッチおよびロック」スタイルコネクター x1
    マイクプリアンプ ソースインピーダンス:150Ω
    入力インピーダンス:最小4kΩ、バランス
    公称レベル範囲:調整可能、-75dBu〜-20dBu
    入力ヘッドルーム:20dB以上
    出力レベル:基準 +4dBu
    アナログライン入力 入力インピーダンス:20kΩ
    基準レベル:選択可能、+4dBuまたは-10dBv
    入力ヘッドルーム:20dB以上
    アナログライン出力 出力ソースインピーダンス:50Ω以下 バランス
    出力負荷インピーダンス:600Ω、最小
    基準出力レベル:+4dBu
    最大出力レベル:+24dBu
    デジタルオーディオ入力および出力 基準レベル:+4dBu(-20dBFS)
    インピーダンス:110Ω、バランス(XLR)
    信号形式:AES-3(AES/EBU)
    AES-3入力:選択可能なサンプルレート変換を備えた24ビット、20 kHzから216 kHzの入力サンプルレートに対応。
    AES-3出力:24ビット
    デジタル基準:内部(ネットワークタイムベース)または外部基準48kHz、+/- 2ppm
    内部サンプリングレート:48kHz
    出力サンプルレート:48kHz
    A/D変換:24ビット、デルタシグマ、256倍のオーバーサンプリング
    D/A変換:24ビット、デルタシグマ、256倍のオーバーサンプリング
    レイテンシ:3msece以下、マイクおよびモニターアウト(ネットワークおよびプロセッサーループを含む)
    周波数特性 任意の入力から任意の出力:+0.5/-0.5 dB、20Hz〜20kHz
    ダイナミックレンジ アナログ入力からアナログ出力:102dB (0dBFS基準)、105dB (Aカーブ)
    アナログ入力からデジタル出力:105dB (0dBFS基準)
    デジタル入力からアナログ出力:103dB (0dBFS基準)、106dB (Aカーブ)
    デジタル入力からデジタル出力:125dB
    入力換算ノイズレベル マイクプリアンプ:-128dBu、150Ωソース、リファレンス-50dBu入力レベル
    全高調波歪み+ノイズ @1kHz マイクライン入力からアナログライン出力:<0.005%、-38dBu入力、+18dBu出力
    アナログ入力からアナログ出力:<0.008%、+18dBu入力、+18dBu出力
    デジタル入力からデジタル出力:<0.0003%、-20dBFS
    デジタル入力からアナログ出力:<0.005%、-6dBFS入力、+18dBu出力
    クロストーク、CMRR アナログラインチャネル間アイソレーション:最小90dB、20Hz〜20kH
    マイクチャンネル間アイソレーション:最小80dB、20Hz〜20kHz
    アナログラインステレオ分離:最小85dB、20Hz〜20kHz
    アナログライン入力CMRR:> 50 dB、20Hz〜20kHz
    マイク入力CMRR:> 50 dB、20Hz〜20kHz
    オーディオ処理 マイク用3Bandイコライザー(最大6個のフェーダーに適用可能)
    周波数帯域:20Hzから320Hz、125Hzから2KHz、1.25KHzから20KHz。
    各帯域のカット/ブースト範囲:-25dB〜+15dB。
    Qファクター:自動-帯域幅はカットまたはブーストの量に基づいて変化します。
    RADIUSコントロールサーフェイス
    INPUT 6チャンネルストリップ
    EXT Monitor IN x2
    MAIN OUTPUT PGM1-PGM2
    V-Mixer: MONOソースミックス
    V-Mode: MONOソースプロセッシングとMONOストリーム対応
    MONITOR OUTPUT CR Monitor: コントロールルーム用モニター操作
    CR HEADPHONE: コントロールルームヘッドホン用モニター出力操作
    Preview: キュー(オーディション)
    Talk to BACKFEED: DJマイクをデバイスに出力
    Talk to STUDIO: DJマイクを設定したスタジオ(選択デバイス)出力
    電源AC入力、QOR.16 DESQコンソール付き ユニバーサル電源、90VAC〜240VAC、50Hz〜60Hz、IECコンセント、内部ヒューズ
    消費電力:100ワット
    動作温度 -10℃〜+40℃、湿度<90%、結露なし
    サイズ W=482, H=177, D=65 mm ラックマウント3RU
    規制 日本:国内にてPSE検査。(QOR.16)
    北米:FCCおよびCEはテスト済みで準拠しており、電源はUL承認済。
    欧州:欧州委員会の決定2005/618 / EC、2005/717 / EC、2005で改正された、電気電子機器(RoHS)における特定の有害物質の使用制限に関する欧州連合指令2002/95 / ECに準拠/ 747 / EC(RoHS指令)、およびWEEE。