xNode AoIP対応各種I/Oノード
xNode
OVERVIEW|製品概要


AoIPに対応したオーディオおよびGPIOインターフェイス各種ユニット。

Telos AllianceのxNode: ハーフラック、高性能IP-Audioインターフェイスには、高度な機能が搭載されています。スタジオに設置しても騒音の出ないファンレス設計。 汎用性の高い取り付けオプションにより、2基のxNodeをわずか1RUのラックスペースに設置できます。天井または壁に取り付けて利用可能な壁取り付けキットがありカウンターの下に配置もできます。xNodeはスタジオグレードのオーディオパフォーマンス。冗長電源オプション(AC主電源とPower-over-Ethernetを使用)およびデュアル冗長ネットワークインターフェイスが含まれ、どちらも自動切り替えが可能です。また、xNodeはAES67に完全に準拠しているため、現在および将来のすべてのAES67オーディオ機器で動作します。実際、これらは、Livewire+™、RAVENNA、およびAES67に準拠した最初で唯一のAoIP I/Oデバイスです。すべてのxNodeは、RAVENNAオーディオストリームの相互運用性をサポートするだけでなく、AES67以上のネイティブなストリームのアドバタイジング/ディスカバリーも可能にします。

xNodeはアナログ、AES/EBU、マイクレベル、ミックスドシグナル、GPIOバージョンで利用可能で、今日の放送スタジオで発生するほぼすべての信号を処理します。

I/Oの種類により各種タイプがあります。

PickHit2012e


xnodes_analog
Axia Analog xNode
アナログラインノードは、8系統のバランスステレオ入出力のノードです。5.1サラウンド入出力にも対応。
入力レベル  -10dBu / +4dBu 選択。
入力ch x8 (4 STEREO)
出力ch x8 (4 STEREO)
最大出力レベル +24 dBu

xnodes_aes
Axia AES/EBU xNode
AESノードは、8系統のAES/EBU入出力のノードです。
入力ch x4 AES-3 STEREO
出力ch x4 AES-3 STEREO

xnodes_mic
Axia Microphone xNode
MICノードは、4系統のファンタム電源付きのマイク入力を装備しています。
マイク入力レベル  -75 dBu ~ -20 dBu。
入力ch x4 (MONO)
出力ch x4 STEREO

xnodes_mixed
Axia Mixed-Signal xNode
Mixed-Signalノードは、1つのマイク/ライン切替XLR入力、2つのライン入力、1つのAES-3入力を装備。
出力は3系統のアナログ出力、1つのAES出力、更に5入力5出力のGPIOポートが2個あります。

xnodes_gpio
Axia GPIO xNode
GPIOノードは、6つのDB-15(F)コネクターがあり、各コネクターは5入力/5出力の制御ポートを持っています。
ロジックポートはいずれかのオーディオ入力または出力ストリームと連携してオーディオとともに制御データを伝えます。

SDI Node
Telos Alliance SDI Node
Telos Alliance SDI AoIP Nodeは、2つのSDI入力から最大8ペアのオーディオをディエンベディングおよびAES67に変換。オーディオをネットワーク上で共有し、ラウドネスコンプライアンスの処理を行い、最終的に2つのSDI出力ストリームに再埋め込みできます。

 


 

共通:
入出力コネクターはDB-25(F)はRJ-45とパラレル出力。
DB-25はTASCAMコンパチピン番号。
RJ-45モジュラーコネクター接続はオプションでRJ45–XLR変換ケーブルを用意。
1Uハーフラックサイズです。
SPEC|仕様
  • 機能/特長
  • 仕様

  • ・鋳造アルミニウム製ヒートシンクを備えたファンレス設計は、スタジオ内で完全に静かです。前面パネルのヒートシンクは、「ラックエア」ではなく周囲の空気によって冷却されるため、過熱の心配はありません。

    ・AES67に完全に準拠したAoIPインターフェイス。xNodesは、Livewire+ ハードウェアの巨大なインストールベースと、他のAES67準拠デバイスからのオーディオストリームをサポートする「ユニバーサルトランスレーター」です。 現在、受信の最適化によりAES67のパフォーマンスが向上しています。

    ・Livewire+、RAVENNA、およびAES67に準拠した最初で唯一のAoIP I/Oデバイス。すべてのxNodeは、RAVENNAオーディオストリームの相互運用性をサポートするだけでなく、AES67以上のネイティブなストリームのアドバタイジング/ディスカバリーも可能にします。

    ・高解像度のフロントパネルの多機能OLEDディスプレイは、入出力やGPIOステータスを検知し、ソフトウェアやその他のステータス情報を提供します。

    ・電力効率:xNodeはわずか14ワットの消費電力。

    ・冗長電源は、AC電源およびイーサネットスイッチが提供するPower over Ethernet(IEEE 802.3af)を使用します。マルチカラーのフロントパネルLEDは、AC主電源が使用されると緑色に点灯し、PoEが使用されると赤色に点灯し、ACとPoEの両方が接続されているとオレンジ色に点灯します。

    ・冗長ネットワーク接続:ふたつのNICを、xNodeを個別のネットワークブランチに接続して、完全なオーディオパスウェイ冗長性を実現できます。プライマリが中断されると、自動フェイルオーバーによりバックアップ接続がアクティブになります。

    ・構成可能なイベントフィルターとSNMP(Simple Network Management Protocol)サポートを備えた組み込みのSyslogサーバーは、xNodeの電源または接続ステータスが変更された場合でも、常に最新情報を入手できます。

    ・AESマスタークロックを指定されたxNode AES/EBU入力に同期して、すべてのAESストリームをハウスクロックに同期させます。

    ・xNodeは、堅牢なダイキャストアルミニウムフェースプレートとヒートシンク、高解像度OLEDディスプレイ、テレコムアプリケーション用に設計された高信頼性電源、録音スタジオ仕様のスタジオ品質SRCなどのプレミアムコンポーネントを使用します。

    ・業界標準のRJ-45オーディオコネクタまたは高密度DB-25接続(TASCAMフォーマット)を介したI/O接続。

    ・汎用性の高い取り付けオプション:1 RUで自立型ラックを単独または並列で使用するか、オプションの表面取り付けキットを使用して壁に取り付けます。

    ・アナログxNode入力は、4つのステレオオーディオチャネル、または8つのモノラルチャネル、または5.1サラウンド+ステレオダウンミックスを提供するように構成できます。出力では、さまざまな選択がサポートされており、組み込みのWebインターフェイスを介してソフトウェアで簡単に選択できます。

    ・Analog、AES / EBU、Mixed Signal、およびMicrophone xNodeでは、完全に構成可能なミキシングマトリックスにより、物理入力とネットワーク入力の両方の混合、ストリーム変換、および他の多数のユニークなソリューションが可能になります。

  • マイクプリアンプ ソースインピーダンス:150Ω
    入力インピーダンス:4kΩ以上、バランス
    公称レベル範囲:調整可能、-75dBu〜-20dBu
    入力ヘッドルーム:公称入力より20dB以上
    ファンタム電源:+48VDC、切り替え可能
    アナログライン入力 入力インピーダンス:> 40kΩ、バランス
    公称入力範囲:選択可能、+4dBuまたは-10dBv
    入力ヘッドルーム:公称入力より20dB以上
    アナログライン出力 出力ソースインピーダンス:<50Ωバランス 出力負荷インピーダンス:600Ω、最小 公称出力レベル:+4dBu 最大出力レベル:+24dBu
    デジタルオーディオ入力および出力 基準レベル:+4dBu(-20dB FSD)
    インピーダンス:110Ω、バランス
    信号形式:AES3(AES/EBU)
    AES3入力コンプライアンス:サンプルレート変換付き24ビット
    AES3出力コンプライアンス:24ビット
    デジタル基準:内部(ネットワークタイムベース)または外部基準48kHz、+/- 2ppm
    内部サンプリングレート:48kHz
    入力サンプルレート:32kHzから192kHz
    出力サンプルレート:44.1kHzまたは48kHz
    A/D変換:24ビット、デルタシグマ、256倍のオーバーサンプリング
    D/A変換:24ビット、デルタシグマ、256倍のオーバーサンプリング
    周波数応答 任意の入力から任意の出力:+/- 0.5dB、20Hz〜20kHz
    ディレイタイム アナログ入力からアナログ出力、ネットワーク、コンバーター、ミキシングプロセスを含む2.75ms
    デジタル入力からデジタル出力、ネットワークミキシングエンジンを含む1.75ms(SRCオフ)
    ダイナミックレンジ アナログ出力からアナログ出力、0dBF基準:108dB、Aカーブ:111dB
    アナログ入力からデジタル出力、0dBF基準:110dB、Aカーブ:113dB
    デジタル入力からアナログ出力、0dBF基準:112dB、Aカーブ:115dB
    デジタル入力からデジタル出力:126dB
    入力換算ノイズレベル マイクプリアンプ:-128dBu、150Ωソース、基準-50dBu入力レベル
    全高調波歪み+ノイズ @1kHz マイクプリ入力からアナログ出力:<0.005%、-36dBu入力、+18dBu出力
    アナログ入力からアナログ出力:<0.005%、+18dBu入力、+18dBu出力
    アナログ入力からデジタル出力:<0.004%、+18dBu入力、-6dBFs出力
    デジタル入力からアナログ出力:<0.004%、-6dBFs入力、+18dBu出力
    デジタル入力からデジタル出力:<0.0003%、-20dBFs
    クロストーク分離、ステレオ分離、CMRR アナログラインチャネル間分離:最小90dB、20Hz〜20kHz
    アナログラインステレオ分離:最小85dB、20Hz〜20kHz
    アナログライン入力CMRR:最小80dB、20Hz〜20kHz
    マイク入力CMRR:> 60dB、20Hz〜20kHz
    電源AC入力 オートレンジ電源、95VAC〜240VAC、50Hz〜60Hz、IECコンセント、内部ヒューズ
    消費電力:14ワット
    動作温度 0℃〜+ 40℃、湿度90%未満、結露なし
    寸法 幅:220mm、高さ:44mm、奥行き:300mm
    2台のユニットを標準の1RUラックスペースに並べて取り付けることができます。
    規制 日本:国内にてPSE検査
    北米:FCCおよびCEはテスト済みで準拠しており、電源はUL承認済み。
    欧州:欧州委員会の決定2005/618 / EC、2005/717 / EC、2005で改正された、電気電子機器(RoHS)における特定の有害物質の使用制限に関する欧州連合指令2002/95 / ECに準拠/ 747 / EC(RoHS指令)、およびWEEE。
DISCRIPTION|製品概要

RJ45–XLR変換
xNodeはアナログ及びAES入出力信号コネクターにStudioHubフォーマットを採用しています。
詳しくは下のロゴをクリックしてください。