ES-185E GPS Master Clock
ES-185E, ES-185E/Clear
GPSアンテナ

標準付属のGPSアンテナ

OVERVIEW|製品概要

GPS Master Clock
ES-185Eは複数のGPSの電波を受信し、そこから時刻情報を取り出しきわめて正確に現在の時刻を表示します。時刻情報を各種の方式で外部の機器に出力可能です。
GPSからの時刻情報をSMPTE, ASCII (RS-232C/USB), ESE-TC89 およびESE-TC90、IRIG-B.の5つの形式で出力します。
他に二つの秒パルス出力とGPSロック出力も標準仕様です。
フロントパネルのディスプレイはジュリアンデー(年間通算日)及び時分秒を表示します。
GPS受信機は最大12個の衛星を同時に受信する機能をもっています。

ES-185Eの各種設定はPCと本機をUSBで接続して変更できます。
Windows環境(XP,Win7,Win10)で動作するソフトウェアが提供されています。
 

付属の標準アンテナ

オプションの高性能アンテナ/スタンド付き

SPEC|仕様
  • 機能/特長
  • 仕様
  • オプション
  • 5種類のシリアルタイムコード出力を標準装備
    SMPTE/EBU、ASCII (RS-232C/USB)、ESE-TC90、ESE-TC89、IRIG-B タイムコード出力
    SMPTE/EBU出力はVIDEO信号と同期が可能
    IRIG-B出力はAMまたはTTLを内部スイッチで選択可能。精度 1μSec
    屋外使用可能なGPSアンテナ 約5mのアンテナケーブル付属
    9桁の14mm黄色 LED 時刻表示
    秒パルス出力 (20%デューティ、精度10nSec と 50% デューティの2系統) を装備
    タイムゾーンオフセット機能
    GPS “Lock” インジケータ、GPS信号の受信ロック出力
    夏時間補正機能
    EIA 1U 19″ ラックマウントタイプ、フロントパネル 黒色アルマイト仕上げ
    コイン形リチウム電池による設定保持とシール電池による最大4時間バッテリーバックアップ

    各種オプション有り
  • GPS Receiver: Motorola 12-channel、M12+ Oncore 相当品
    GPS Antenna Gain: 25dB, Bandwidth: 2MHz
    1PPS 出力 DB-9 コネクタ。TTL出力、立ち上がりエッジ:正
    #1: 20%Duty レシーバーから直接の信号
    #2: 50%Duty リジェネ出力
    ESE TC 出力 TC89, TC90 BNC、最大100 スレーブ、ケーブル長1,200 メートル
    SMPTE TC 出力 XLR、負荷600Ω以上、アクティブバランス出力
    ユーザービットに日付情報設定可能
    アンバランス負荷の場合は、2ピン(Hot)、1ピン(GND)接続、3ピンはオープン
    ASCII (RS-232C)出力 DB-9(F)メス座、ASCII Date & Time
    RS-232C FORMAT ASCII @9,600Baud、8bit、Non Parity、1 Stop
    毎秒1回出力 ESE Format “D” <255>DMYHMSDMYHMx<254>
    VIDEO 入力 BNC、RS-170 コンポジットVideo / black burst、1Vpp、75Ω
    精度 1PPS: 500nSec以内 (K、10nSec オプションにより10nSec)
    ESE TC: 17mSec 以内
    SMPTE: VIDEOシンクに対し±0フレーム以内
    自走時ドリフト 33mSec/日
    電源 AC100-120V、50/60Hz, 最大15W
    サイズ 482(W)×44(H)×240(D)mm コネクタなど突起含まず
    質量 2.6kg (本体)
  • /ANT 高性能アンテナ(推奨)ES-ANT
    ※高性能アンテナオプション(/ANT)時は、標準アンテナは付属しません
    /CLEAR フロントパネル クリア (シルバーアルマイト) 仕上げ
    /DC DC電源動作 DC +12V~35V
    /HR 毎時の設定時間にリレー接点パルス出力
    /J 電源 AC220V 対応
    /K 高精度10MHz、1kHz出力、10nSオプションとセット
    標準付属GPSアンテナ
    GPSアンテナ
    マウスタイプのGPSアンテナ(1.575GHz)はGPSマスター時計に標準で付属しています。
    約5.5メーターのケーブルがアンテナから直接出ています。
    コネクターはTNC、インピーダンス 50Ω
     
    詳細はこちらSmall GPS Antenna
DISCRIPTION|製品概要

Kオプションについて
 
オプション「K」は、1kHzの矩形波、10MHzの正弦波、および正しい位相の1PPS出力を出力します。
1PPS出力のデューティサイクルは50%で、標準の50%デューティサイクルの1PPS出力を置き換えます。
1KHzおよび10 MHzはBNCコネクタで出力。
10MHzの正弦波出力は50Ω負荷で4Vpp、内部ボリュームR6により出力レベルを+/-0.5V調整できます。
1kHzの矩形波出力は5Vpp。
フロントパネルには「10MHz Lock」LEDがあます。
GPS KオプションLOCK LED
このLEDが点灯するとユニットがGPSにロックしており出力が仕様内であることを示します。
1PPS出力は「10MHz Lock」LEDが点灯している時は正しい位相です。
GPSをロックした時LEDが点滅しますが、この時の出力はまだ最高精度には至っていません。
初めて電源を入れると、受信機は衛星を捉え少なくとも1つにロックすると、「GPS Lock」LEDが点灯してロック状態を示します。
「10MHz Lock」LEDは、約40秒の遅延後に点滅し始めます。
このLED点滅は、GPS受信機がロックされ、10MHzシステムが処理中であることを示します。
このプロセスには最大1時間かかる場合があります。この処理中は周波数が100〜200Hzずれている場合があります。
完全に「GPS」と「10MHz」がロックした状態では、10MHzと1kHzの出力精度は10^-8以下になります。
また、この時1PPS、デューティ50%出力は2μSec以下になります。
 


 
ESE社のNTPサーバーは基準時刻の種類、タイムコード出力により様々なタイプがあります
  各種NTPサーバーリンク