iPort iPORT PLUS MULTI-CODEC GATEWAY
iPort PLUS
OVERVIEW|製品概要

Zephyr iPort PLUSは、ネットワーク化されたマルチコーデックゲートウェイであり、Multi-Protocol Label Switching (MPLS)をサポートしたプライベートWANを含むQoS対応IPネットワークを介して複数チャネルのステレオオーディオ転送を可能にします。

Zephyr iPort PLUSは、8つのステレオ双方向MPEGコーデックとして、または最大16のMPEGエンコードステレオストリームのデコード用に設定可能なコーデック製品です。 aptX®を追加するかリニアPCMコーディングを使用すると、最大16の双方向または単方向コーデックとして使用できます。
Zephyr iPort PLUSの入出力は1本のCAT-6ケーブルを使用してAxia®I​​P-Audioネットワークに接続します。
iPort_dual_LAN_port
まだLivewireネットワークををご使用でない場合は、Zephyr iPort PLUSと< a href="https://ss.sc-a.jp/axia/xnode/">Axia xNodeオーディオインターフェースとペアで、スタンドアロンのマルチストリームコーデックとして使用します。

コーディングアルゴリズムには、AAC、AAC-LD、HE-AAC(plus v2)、MP2、MP3、リニア、オプションのaptX®Enhanced *が含まれます。
ビットレートの範囲は、MPEGコーデックでは24〜320 kbpsで、2Mbpsを超えるaptXおよびリニアでは標準の固定レートです。 さらに、iPortは、デュアルパラレルパス・エンドツーエンドストリーミングを提供し、超信頼性と冗長性を実現します。
コーデックごとに最大20の単方向GPIOコンタクトクロージャーをいくつかのモードで使用できるため、制御の柔軟性が大幅に向上します。 エンドツーエンドGPIOは各コーデックでサポートされています。

特殊な使い方として、独自のコンテンツ遅延機能により、独立したローカルストレージ゛最大6時間のスケジュールされた遅延再生が可能になります。

SPEC|仕様
  • 機能/特長
  • 仕様

  • ・QoS対応IPリンクを介して、複数のオーディオのチャネルを配信します。

    ・それぞれGPIOを備えた8つの双方向MPEG対応たコーデックとして、または16チャンネルステレオエンコーダー(aptXおよび/またはリニアPCM符号化チャンネルを追加することによって)または16チャンネルステレオデコーダーとして構成可能。

    ・1台のZephyr iPort PLUSと複数のZephyr IP ONE/Dを接続可能。1:nで接続。

    ・PCMステレオコーディングされたチャンネルは、MPEGコーディングされたチャンネルと同時に使用できます(利用可能な帯域幅によって異なります)。

    ・SHOUTcast、Steamcast、または互換性のあるストリームサーバーを介してインターネット送信用のストリーミングオーディオチャネルを配信できます。

    ・AAC、AAC-HE(aacPlus)、AAC-HEv2、AAC-LD、MP3など、24kbpsから320kbpsまでのビットレートを選択できます。純正フラウンホーファー採用。

    ・オプションのaptX®Enhancedオーディオコーディングは、購入時に注文するか、必要に応じて後で追加できます。

    ・Livewireネットワークの一部として使用する場合、リモート施設からのオーディオを、ローカルのソースであるかのように、関連するロジックと制御とともに使用できます。

    ・8つの5入力仮想ミキサー(VMIX)チャネルはそれぞれ、1つのチャネルで最大5つのネットワーク化されたLivewireオーディオストリームの結合とミキシングが可能。

    ・8つの仮想モード(VMODE)チャネルにより、エンコードと送信の前に、オーディオを左/右チャネルに分割、L+Rミックスすることができます。

    ・標準のWebブラウザーを備えたコンピューターでリモート制御/構成。

    ・個別のLANポートとWANポートは、ネットワークセキュリティの確保にも役立ちます。

    ・ファンレスで対流冷却型のDSP駆動プラットフォーム、二重冗長自動スイッチング電源を搭載。 電源モジュールは、数分で現場交換可能です。

    ・AES67 vModeで利用可能な相互運用性の向上のサポート。

    ・コンテンツ遅延オプションにより、選択した受信オーディオチャネルの一部またはすべてを、時間同期された補助データとともに最大6時間遅延再生できます。 各再生遅延時間はチャンネルごとに個別に設定できるため、Zephyr iPort PLUSはネットワーク事業者、プログラム配信ネットワーク、またはネットワーク関連局で受信したオーディオの遅延再生に最適です。

  • Zephyr iPort PLUSにはネイティブオーディオI/Oがなく、接続されたLivewire +オーディオデバイスによって提供されるストリームで動作します。 以下のすべてのオーディオ仕様は、Axia Livewire +オーディオインターフェイスを代表しています。
    アナログライン入力 入力インピーダンス:> 40kΩ、バランス
    公称入力範囲:選択可能、+ 4dBuまたは-10dBv
    入力ヘッドルーム:公称入力より20dB
    アナログライン出力 出力ソースインピーダンス:50Ω以下、バランス
    出力負荷インピーダンス:600Ω、最小
    公称出力レベル:+4dBu
    最大出力レベル:+24dBu
    デジタルオーディオ入力および出力 基準レベル:+4dBuを-20dB FSD
    インピーダンス:110Ω、バランス(XLR)
    信号形式:AES3(AES/EBU)
    AES3入力コンプライアンス:選択可能なサンプルレート変換を備えた24ビット、32kHzから96kHzの入力サンプルレートに対応。
    AES3出力コンプライアンス:24ビット
    デジタル基準:内部(ネットワークタイムベース)または外部基準48kHz、+/- 2ppm
    内部サンプリングレート:48kHz
    出力サンプルレート:44.1kHzまたは48kHz
    A/D変換:24ビット、デルタシグマ、256倍のオーバーサンプリング
    D/A変換:24ビット、デルタシグマ、256倍のオーバーサンプリング
    AES67 vModeで利用可能な相互運用性の向上のサポート
    周波数応答 任意の入力から任意の出力:+/- 0.5dB、20Hz〜20kHz
    ネットワーク LANポートx1、WANポートx1。 100/1000-BaseTイーサネットインターフェイス
    コーデック AAC、AAC-HE(aacPlus)、AAC-HEv2、AAC-LD、MP3、MP2。オプション:aptX®。
    電源AC入力、QOR.32 ユニバーサル電源、90VAC〜240VAC、50Hz〜60Hz、IECコンセント、消費電力:100ワット
    動作温度 -10℃〜+40℃、湿度<90%、結露なし
    規制 日本:国内にてPSE検査。
    北米:FCCおよびCEはテスト済みで準拠しており、電源はUL承認済。
    欧州:欧州委員会の決定2005/618 / EC、2005/717 / EC、2005で改正された、電気電子機器(RoHS)における特定の有害物質の使用制限に関する欧州連合指令2002/95 / ECに準拠/ 747 / EC(RoHS指令)、およびWEEE。
DISCRIPTION|製品概要

iPort PLUS 1:1接続

iPort PLUSを1:1で接続します。
8ステレオを双方向または16ステレオを1方向に伝送します。
GPI制御も伝送できます。
 



 
iPort PLUS 1:n接続
複数の異なった場所に接続できます。
iPORTとZI/P ONEと接続
1台のZephyr iPort PLUSと複数のZephyr IP ONE/Dを接続可能。1:nで接続。
 


 
internet配信
iPort PLUSはShoutcastのモードを備えています。
iPort_streming
SHOUTcast、Steamcast、または互換性のあるストリームサーバーを介してインターネット送信用のストリーミングオーディオチャネルを配信できます。