RADIUS RADIUS AoIP MIXING CONSOLE
Radius_set
Radius Console_top
OVERVIEW|製品概要

RADIUS AoIPミキシングコンソール
Radiusは、8本フェーダーの小規模のスタンドアロンスタジオまたはネットワークスタジオ用に設計されたオールインワンのミキシングコンソールシステムです。
操作パネルとなるコントロールサーフェスとDSPエンジンの二つで基本構成されます。
Radiusコントロールサーフェスは、DSP駆動のミキシングエンジン、アナログおよびデジタルオーディオI / O、カスタムイーサネットスイッチ、GPIOポートを備えた頑丈なQOR.16統合コンソールエンジンによって駆動されます。Radiusサーフェスは、単一のCANBusケーブルでQOR.16エンジンに接続します。

Radiusには4つのステレオプログラムバス— 3つのプログラム、オーディション、ユーティリティミキシング出力。4番目は、電話または録音送用のステレオユーティリティバスです。4番目のバスは、追加のプログラムバスとしても使用できます。各フェーダーには自動ミックスマイナス機能が追加され、トークバック機能、ワンボタンオフエア録音モード、最大4つの事前に設定したコンソール「スナップショット」プロファイルのリコール、VUとPPMモードを切り替え可能なLEDバーグラフプログラムメーター、各フェーダー上の高解像度OLEDディスプレイ、スタジオおよびコントロールルーム用のモニターコントロールなどラジオ放送用ミキサーの基本機能をすべて持っています。設置は、机の上に置いたり、ドロップインスタイルで取り付けたり、付属のハードウェアを使用してラックに取り付けもできます。

SPEC|仕様
  • ラインアップ
  • 機能/特長
  • 仕様
  • QOR.16 前面、背面
    QOR.16 CONSOLE ENGINE
    iQコア コンソールエンジン
    音声入出力、DSPエンジン、音声処理と制御を実行するメインユニット。
    8個のアナログ入力と4個のアナログ出力、AES/EBU入力出力 各1、ファンタム電源を備えた4個のマイク入力、それぞれ5個の入力と5個の出力を持った4個のGPIOマシン制御ロジックポート、 6個のLivewire®100BASE-Tイーサネットポートと2個のSFP付き1000BASE-T(ギガビット)ポート
    QOR16-0274 P/N 2001-00274
    Radius Console_top
    RADIUS MIXING CONSOLE
    Radiusミキシングコンソールサーフェス。8フェーダー、4ミックスバス、スタジオ及びコントロールルーム用モニター出力。
    Radius P/N 1701-00262-100
    iQ6 Front
    iQ-6 SIX-LINE TALKSHOW SYSTEM
    iQ6電話放送システムは、iQのTelco拡張フレームに組み込まれたハイブリッドコントローラー(およびTelos VSet6電話コントローラー)で動作します。電話回線は最大6回線まで対応、テレホンハイブリッドは2チャンネルです。
    iQ6-0248 P/N 2001-00248
    xNode
    xNode 各種インターフェイスユニット
    xNodeはLiveWire+ ネットワークに接続して各種フォーマットの信号をAoIPストリーミングに変換します。
    アナログ、AES/EBU、マイクレベル、ミックスドシグナル、GPIOバージョンがあり、今日の放送スタジオで発生するほぼすべての信号を処理します。
    RJ45-XLR変換ケーブルセット
    QOR16-CBLKIT RJ-45:XLR変換ケーブルセット
    CABLE-XLRF RJ-45とXLRメス変換(入力) 1.8m x9本
    CABLE-XLRM RJ-45とXLRオス変換(出力) 1.8m x5本
    BSW-309iQ
    BSW-309iQ
    iQ用カフボックス
    1台で複数チャンネル制御も可能。
    ON / OFF / RTB (Return Talk-Back) スイッチ付

  • ・8フェーダー。各ソースに瞬時にアクセスできます。 [Options]ノブを回すだけで、任意のタイプのソースを任意のチャンネルに割り当てます。
    ・音声と制御の接続及び信号処理はすべてQOR.16で行い、操作面はRADIUSと機能が分離されています。RADIUSを直接通過する音声はありません。
    ・AES67に準拠し、他社のAES67対応機器とも接続できます。。
    ・4つのメインステレオ出力。
    ・各フェーダーの下にある英数字のOLEDディスプレイは常に現在のオーディオソースを表示し、オプションノブを押すと、フェードゲイントリム、EQ、パン、バランスなどの機能を調整できます。
    ・各チャンネルは3バンドのEQ装備。
    ・各フェーダーのソフトキーを使用して、トークバックをアクティブにしたり特別な機能を実行したりできます。
    ・すべてのチャンネルストリップにはステレオプレビュー(「キュー」)機能があり、オンエア前にソースを確認できます。
    ・CRモニターセクションは4つのMIXバスの直接選択または2つの外部ソースを切り替えてモニターできます。
    ・4つのショープロファイル「スナップショット」を保存して、コンソール設定を即座に呼び出すことができます。
    ・電話、コーデックでの通話のための自動ミックスマイナス。
    ・明るいOLEDメーターディスプレイは、応答性に優れた読みやすいVUまたはPPMメーター提供。
    ・すべての機能は、標準のWebブラウザを使用して、構成、管理、診断の目的でリモートからアクセスできます。
    ・個別のOLEDクロック/タイマー表示は、NTP対応の時刻クロックと手動またはソースと自動リンクできるイベントタイマーを備えています。
    ・音声と制御信号処理はすべてQOR.16統合コンソールエンジンで行います。
    ・I/Oは、Axia xNodeを使用して拡張できます。
    ・スタジオ内使用でも騒音のないファンレス設計。
  • QOR.16接続 マイク入力:2x バランスXLR-F、ファンタム電源(オン/オフ)
    アナログ入力:RJ-45 x8、StudioHub+ コネクタフォーマット。
    アナログ出力:RJ-45 x4、StudioHub+ コネクタフォーマット。
    AES/EBU入力:RJ-45 x1、StudioHub+ コネクタフォーマット。
    AES/EBU出力:RJ-45 x1、StudioHub+ コネクタフォーマット。
    GPIO:DB-15 x4
    Livewire:
      PoEを備えた100BASE-T、RJ-45 x4
      100BASE-T、RJ-45 x2
      1000BASE-T、RJ-45 x2
      ギガビット、SFP(Small Form Pluggable)x2
    アクセサリ接続:6ピン「ラッチおよびロック」スタイルコネクター x1
    マイクプリアンプ ソースインピーダンス:150Ω
    入力インピーダンス:最小4kΩ、バランス
    公称レベル範囲:調整可能、-75dBu〜-20dBu
    入力ヘッドルーム:20dB以上
    出力レベル:基準 +4dBu
    アナログライン入力 入力インピーダンス:20kΩ
    基準レベル:選択可能、+4dBuまたは-10dBv
    入力ヘッドルーム:20dB以上
    アナログライン出力 出力ソースインピーダンス:50Ω以下 バランス
    出力負荷インピーダンス:600Ω、最小
    基準出力レベル:+4dBu
    最大出力レベル:+24dBu
    デジタルオーディオ入力および出力 基準レベル:+4dBu(-20dBFS)
    インピーダンス:110Ω、バランス(XLR)
    信号形式:AES-3(AES/EBU)
    AES-3入力:選択可能なサンプルレート変換を備えた24ビット、20 kHzから216 kHzの入力サンプルレートに対応。
    AES-3出力:24ビット
    デジタル基準:内部(ネットワークタイムベース)または外部基準48kHz、+/- 2ppm
    内部サンプリングレート:48kHz
    出力サンプルレート:48kHz
    A/D変換:24ビット、デルタシグマ、256倍のオーバーサンプリング
    D/A変換:24ビット、デルタシグマ、256倍のオーバーサンプリング
    レイテンシ:3msece以下、マイクおよびモニターアウト(ネットワークおよびプロセッサーループを含む)
    周波数特性 任意の入力から任意の出力:+0.5/-0.5 dB、20Hz〜20kHz
    ダイナミックレンジ アナログ入力からアナログ出力:102dB (0dBFS基準)、105dB (Aカーブ)
    アナログ入力からデジタル出力:105dB (0dBFS基準)
    デジタル入力からアナログ出力:103dB (0dBFS基準)、106dB (Aカーブ)
    デジタル入力からデジタル出力:125dB
    入力換算ノイズレベル マイクプリアンプ:-128dBu、150Ωソース、リファレンス-50dBu入力レベル
    全高調波歪み+ノイズ @1kHz マイクライン入力からアナログライン出力:<0.005%、-38dBu入力、+18dBu出力
    アナログ入力からアナログ出力:<0.008%、+18dBu入力、+18dBu出力
    デジタル入力からデジタル出力:<0.0003%、-20dBFS
    デジタル入力からアナログ出力:<0.005%、-6dBFS入力、+18dBu出力
    クロストーク、CMRR アナログラインチャネル間アイソレーション:最小90dB、20Hz〜20kH
    マイクチャンネル間アイソレーション:最小80dB、20Hz〜20kHz
    アナログラインステレオ分離:最小85dB、20Hz〜20kHz
    アナログライン入力CMRR:> 50 dB、20Hz〜20kHz
    マイク入力CMRR:> 50 dB、20Hz〜20kHz
    オーディオ処理 マイク用3Bandイコライザー(最大6個のフェーダーに適用可能)
    周波数帯域:20Hzから320Hz、125Hzから2KHz、1.25KHzから20KHz。
    各帯域のカット/ブースト範囲:-25dB〜+15dB。
    Qファクター:自動-帯域幅はカットまたはブーストの量に基づいて変化します。
    RADIUSコントロールサーフェイス
    INPUT 8 FADER ストリップ
    EXT Monitor IN x2
    MAIN OUTPUT PGM1-PGM4: PGM4はRecord, 電話用内部バスに対応
    V-Mixer: バーチャルミキサーモード
    V-Mode: MONOソースプロセッシングとMONOストリーム対応
    MONITOR OUTPUT CR Monitor: コントロールルーム用モニター操作
    CR HEADPHONE: コントロールルームヘッドホン用モニター出力操作
    STUDIO MONITOR: スタジオ用モニター操作
    STUDIO HEADPHONE Talent: スタジオタレント用ヘッドホン用モニター(トークバック有)
    STUDIO HEADPHONE Guest: スタジオゲスト用モニター(トークバック無し)
    Preview: キュー(オーディション)
    Talk to BACKFEED: DJマイクをデバイスに出力
    Talk to STUDIO: DJマイクを設定したスタジオ(選択デバイス)出力
    電源AC入力、QOR.16 RADIUSコンソール付き ユニバーサル電源、90VAC〜240VAC、50Hz〜60Hz、IECコンセント、内部ヒューズ
    消費電力:100ワット
    動作温度 -10℃〜+40℃、湿度<90%、結露なし
    サイズ W=520, H=112, D=483 mm
    サイドカバーを取り外してラックマウント可能
    規制 日本:国内にてPSE検査。(QOR.16)
    北米:FCCおよびCEはテスト済みで準拠しており、電源はUL承認済。
    欧州:欧州委員会の決定2005/618 / EC、2005/717 / EC、2005で改正された、電気電子機器(RoHS)における特定の有害物質の使用制限に関する欧州連合指令2002/95 / ECに準拠/ 747 / EC(RoHS指令)、およびWEEE。
DISCRIPTION|製品概要

デスク埋め込み例1
Radius 軽井沢エフエム
軽井沢エフエム放送殿

デスク埋め込み例2
Radius えふえむ・エヌ・ワン
えふえむ・エヌ・ワン殿

特注ミキサーサイドパネル

K-MIX殿