ES-710 series Time Comparators

ES-716、6桁表示、サミールスイッチはHHMMまたはMMSS選択可

ES-718

ES-718、8桁表示、SMPTE入力

OVERVIEW|製品概要

ES-710 series Time Comparators
ES-710シリーズは2イベント2出力のイベントコントローラー。
SMPTE, ESEタイムコードを読み取り、制御パルス(リレー接点)を出力します。
タイムコードを読みフロントパネルのLEDで時、分、秒、(フレーム)を表示します。
読み取ったタイムコードが設定時刻と一致するとリレーがパルス出力します。
リアパネルにイベントリレー出力停止スイッチ、アラーム音 オフスイッチ付。
 
共通仕様
2イベント・2出力タイプ
イベントタイム設定は二つのサミールスイッチで行います。
入力タイムコードの時間が各サミールの値と一致するとパルス接点出力。2回路。
1Uサイズ

 
ES-716
6桁表示 HHMMSS、ESE TCまたはSMPTE入力(BNC)、二つの4桁サミールスイッチ
 
ES-718
8桁表示 HHMMSSFF、SMPTE入力(XLR)、二つの8桁サミールスイッチ。Frameまで指定可能


720シリーズ自走時計タイプ

外部からのタイムコードではなく、本体内の時計を走らせて、この時間と比較しイベント出力します。
 
ES-724
6桁表示 HHMMSS、スタンドアローンのクロック、4つの4桁サミールスイッチ
4イベントに対応
時計はフロントパネルのスイッチで操作
 
ES-726
6桁 HHMMSS、スタンドアローンのクロック、二つの6桁サミールスイッチ
時計はフロントパネルのスイッチで操作

SPEC|仕様
  • ES-716
  • ES-718
  • オプション

  • ES-716

    ESE TCまたはSMPTE入力(BNC)
    二つの4桁サミールスイッチ
    イベント時間は時分(HHMM デフォルト)または分秒(MMSS)いずれかの形式で指定します。
    内部ジャンパーで選択
    ESEタイマーコードにも対応

    TIME CODE ESE/SMPTE TC入力、BNCコネクター TC89、TC90、SMPTE/EBU
    ESE/SMPTE(EBU) スイッチ ESE または SMPTE/EBU。入力したタイムコード形式を選択します。
    Relay スイッチ DB9のリレー出力を停止できます。停止中はブザーの鳴動も止まります。
    Audio Alarm スイッチ イベントを実行するごとのブザー鳴動を停止します。
    DB9 リレー接点出力 メス座
    接点最大負荷は10W、500mA (抵抗負荷)

  • ES-718

    SMPTEタイムコード対応、XLRコネクター入力
    7SEG LEDは8桁表示 (HHMMSSFF)
    Frame表示右側のドット(小数点)はDrop Frameを示します。
    イベント時間をフレームまで設定できます。

    TIME CODE SMPTE/EBU TC入力、XLRコネクター
    Relay スイッチ DB9のリレー出力を停止できます。停止中はブザーの鳴動も止まります。
    Audio Alarm スイッチ イベントを実行するごとのブザー鳴動を停止します。
    DB9 リレー接点出力 メス座
    接点最大負荷は10W、500mA (抵抗負荷)
  • 機種によりオプションに制限がある場合があります。特注オプションもご相談ください。
    /BBU バッテリーバックアップ、短時間の停電対策、最大4時間タイムコードを読みイベント比較動作をします。停電時には時計表示は消えます。
    常時稼働が基本条件です。
    /Clear フロントパネル クリア (シルバーアルマイト) 仕上げ
    /DC DC電源動作 DC +12V~35V
    /J 電源 AC220V 対応
    /Relay 出力回路数を追加。標準10チャンネル、10チャンネル単位で追加可能。
    /Custom 特注仕様、ES-716のサミールスイッチを6桁(HHMMSS)、ES-718のサミールスイッチを6桁に変更
    リレー出力停止スイッチをフロントパネルに移動。その他
DISCRIPTION|製品概要

タイムコードがDrop Frameの場合 ES-718の動作
ES-718は、サミールスイッチにより指定したタイムコードと、入力されたタイムコードが同じ値になった時に、パルスを出力します。
ES-718はフレーム単位まで指定が可能であるため、入力されたタイムコードがドロップフレームの場合、
各分(除く各10分)の頭は00/01フレームが存在しない関係上、00フレームを指定していると、パルスが出力されません。
毎時0分・10分・20分・30分・40分・50分を除く、毎分は00、01フレームの指定を避けて下さい。