イベントコントローラー

入力された時間と本体に指定した時間を比較して制御出力するイベントコントローラー

SMPTE, ESE TC. IRIGタイムコードを読み取り、指定した時間になるとリレー接点を出力します。
フロントパネルのLEDに読んだタイムコードを時、分、秒、フレームを表示します。
入力タイムコードの種類とイベント数と出力回路数によりいくつかのタイプがあります。

DISCRIPTION|製品概要

710 Series
2イベント・2出力タイプ
イベントタイム設定は二つのサミールスイッチで行います。
入力タイムコードの時間が各サミールの値と一致するとパルス接点出力。2回路。1Uサイズ
 
ES-716
6桁 HHMMSS、ESE TCまたはSMPTE入力(BNC)、二つの4桁サミールスイッチ
 
ES-718
8桁 HHMMSSFF、SMPTE入力(XLR)、二つの8桁サミールスイッチ
 
ES-726
6桁 HHMMSS、スタンドアローンのクロック、二つの6桁サミールスイッチ
時計はフロントパネルのスイッチで操作
 


 
730 Series
各機種ともイベント設定はフロントパネルのキーパッド操作で指定。
10系統の出力。出力は10mSec, 100mSec, 1Secパルス, ラッチから選択可能。2Uサイズ
 
ES-736
7桁、スタンドアローンのクロック

 
ES-737
6桁または7桁、ESE TC入力(BNC)
 
ES-738
8桁 HHMMSSFF、SMPTE入力(XLR)
 
ES-739
9桁、IRIG入力、IRIGは各種フォーマット対応
 


 
740 Series
各機種ともイベント設定は付属のアプリをPCに組込んで設定を行います。
100イベント・10系統の出力。PCとはUSB接続。Windowsアプリ。出力は10mSec, 100mSec, 1Secパルス, ラッチから選択可能。2Uサイズ
 
ES-746
6桁、スタンドアローンのアップ・ダウンタイマー
 
ES-747
6桁または7桁、ESE TC入力(BNC)
 
ES-748
8桁 HHMMSSFF、SMPTE入力(XLR)
 
ES-749
9桁、IRIG入力(BNC)、IRIGは各種フォーマット対応
 
 
ESE トップページ